綿毛舞うジョホールバル


部屋に何だか綿毛が舞っている。確認したが、枕は無事。

何かと思っていたら、昼食の時にRestaurant Teck Singへ行く際に分かった。近くにすすきのような綿毛を飛ばしている植物が大量に生えていた。数日前には、ただの緑だったと思うのだが、見ていなかったのか、一斉に種を飛ばしているのか?


そのため、この植物の近くは多くの綿毛が飛んでいる。去年は見かけなかったので、マレーシアに所かまわず生えている一般的な植物というわけではないのだろう。今回はじめて見た。

ジョホールバルに住むようになってから、季節感はなくなった。何しろ、常夏の国なので。ほぼ赤道直下の場所に住んでいて、風流な秋を求めるなんてぜいたくすぎる願いに思えたが、思いがけずそんな光景を目にすることができた。

真夏に秋のような風景。ちょっと幻想的な雰囲気だが、赤道直下の暑さの下ではいつまでも立ち止まっている気にはならず、足早にいつもの日本料理屋へ向かった。そして、いつもどおり寿司ラーメンセットという奇妙な組み合わせの定食を注文し、いつもどおりの安定感のある味を楽しんだ後、コンドミニアムに戻った。

日が暮れたため、ずいぶん暑さが和らいだのですすきらしき植物を見ていたが、道行く人は特に足を止めるわけでもないところを見ると、マレーシアでも特段珍しいものではないらしい。もしくは日本人とは感性が違うだけなのか。

そんなことを思っていたら、ふと1つの可能性に気がついた。このパーマスジャヤは日本人が多く住んでいるエリア。日本人住民が(勝手に)種をまいてすすきを育てた可能性も。異国の地に母国の風景を求めて、というのはさすがに考え過ぎか。




秘密の話

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ