部下を殴って辞めさせた上司


【以下、読者さんからの投稿】


私は広汎性発達障害を持っているために作業能力、コミュニケーションがあまり上手ではありません。

私自身は一生懸命でも他人に負担を掛ける事は多々あります。

私が30歳前後の時でした。

私は当時メーカー系自動車部品会社の商品管理責任者をしていました。

私の作業が一生懸命、まじめ、努力、人柄を認められ入社数カ月で当時の営業所所長、会社役員の方に評価を頂いて営業所の倉庫責任者をさせて頂いていました。

入社後3ヵ月で部下が二人できました。

二人は高校卒で良く私をカバーしてくれました。

一年後一人の部下が希望の営業職に移動を話が営業所内で話がでたのです。

しかし会社幹部との意見がいきちがい部下が営業に移動する事が現実難しくなってきました。

その後二人の部下は同じ部署責任者の私に矛先を向けて攻撃的な態度に変化してしまったのです。

勿論私の指示など聞いてくれるような状況ではなくなっていました。

ある日同じ一人の部下に指示をした時に聴いてくれなかった姿を見ていた同じ営業所の先輩営業社員の方が私の指示を聞いてくれない部下に対してどうしてお前は人の言うことを聴けないのやいい加減にしろよと言い暴力で言うことを聞かすような方法を取られたのです。

営業所の商品管理は人数が不足の部署で私の部下を殴った先輩は常に商品管理の業務を手伝って頂いていた方でした。

殴られた私の部下は即怒って退社する事になりました。




秘密の話

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ