もう働きたくないのなら


パワハラを受けていたこともあり、サラリーマン時代にはもう働きたくないと毎日痛感していた。本当に嫌で嫌で仕方なかったし、あの職場で一生を過ごすのは何かの拷問でしかなかっただろう。

こんな会社でもう働きたくない、さらに言えば職場環境も選べずに安くでこき使われるサラリーマンでいたくないと思った時に始めたのは、副業だった。最初はブログを作り、そこに広告を貼ってみただけ。ブログを作るのも初めてだった。

何の知識もなかったので、何をすれば稼げるかも分からなかった。それでも、聞きかじった情報を元に副業を始めた。その背景には、この会社でもう働きたくないという強い拒絶感が存在した。

愚痴をこぼしながらサラリーマンを続ける人もいるが、そんな風にして定年までの期間を過ごすのは嫌だったし、そもそも耐えられそうになかった。私の場合、仕事をするのが嫌というより、何よりも職場環境に問題があったので、その会社で働きたくない気持ちが強かった。転職も考えたが、経歴的に容易ではなかったのと、転職先が良い会社であるかどうかの確認もしようがない。だったら、やはり独立に向けて動き出すべきだと思った。

結果、決意を固めて独立するまでもなく、パワハラの末にリストラされた。その時に他の会社に再就職することも考えたが、もうサラリーマンとして働きたくないと思った。そして、副業だったネットビジネスを生計を立てる手段に変えて、サラリーマン時代の給料の数倍の収入を毎月得られるようになった。

もう働きたくないと思った時、単純に退職届を出して職場を変えるだけだったり、ひたむきに耐えるだけだったとしたら、今でもどこかの会社で安く使われ、リタイアの時期を夢見るだけの日々だったのだろう。

それが副業を始めたことがきっかけで、嫌な仕事からは解放され、自由な立場で収入を得ることができるようになり、どこに住んでいても稼げるので海外移住もしてしまった。きっかけはささいなことだったが、結果の差は大きい。

会社に勤めることだけが収入を得る手段ではない。ストレスがほとんどない仕事、人間関係で悩まされることもない仕事もある。もう働きたくないと思ったのなら、環境を変えるためのきっかけを作ってみてはいかがだろう?


最初はリスクを取らないこと

自分を追い込めば覚醒するという少年漫画のようなお題目を唱え、いきなりサラリーマンを辞めて独立起業しようとする人がいる。ただ、このパターンの多くの場合はひどい失敗に終わるだけ。

たしかに天性の起業家の場合、プレッシャーに耐えながらビジネスを構築する本能が備わっている。しかし、彼らはもう働きたくないなんて思うことは基本的にないし、あくまで世の中の主流派ではなく、例外的な存在。

そんな特殊な事例を真似したところで、成功するどころか大惨事になるのは当然。普通の人は毎月お金が入ってこないと不安になるし、焦りが冷静さを失わせる。どんどん大局観は失われ、目先の些細な出来事に意識を奪われるようになる。

タイムリミットに追い立てられて力を出せるぐらいなら、今の段階で何かしらの行動を起こせているはず。私も含め、凡人がビジネスをスタートして軌道に乗せる場合の成功法則としては、リスクを小さくして始めること。うまく行くルートが見つかってから、会社を辞めればいい。

もう働きたくないとか、会社に行きたくないというのは、顧客にとってはどうでもいい話。起業家が困っているからお金を払うという奇特な人はめったにいないし、そんな寄付感覚でお金を恵んでもらうことを期待するようになったら、もうおしまい。

自分に何ができるかを考え、試してみるには時間がかかる。まずはお金をかけず、余計なリスクを取らないところから始めるのが我々凡人にとっての成功の道となる。




本音を言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ