仕事したくない病でも大丈夫


サラリーマン時代、私は仕事したくない病にかかっていた。とにかく会社に行きたくなかったし、出勤中に動悸がするのは日常的になっていた。

これはパワハラが原因だったが、それを差し引いても満足できるような仕事ではなかった。しかし、今は違う。仕事したくない病どころか、プライベートと業務時間を分けること自体が無意味に思える。

というのは、今は自分で独立して収入を得ているので、そもそも嫌な案件には手を出さないし、上司もいない。取引先だって選べる。こうなるとストレスがないし、収入が自分の働きと直結しているので、仕事したくない病なんて嘘のように消えてしまった。

結局、どんな環境においても同じ反応を示すわけではないので、仕事したくない病にかかっているような感覚に陥っているのであれば、職場環境を見なおしたほうがいいのかもしれない。あなたが怠け者とか、社会不適合者というわけではなく、ただ単純に環境がひどいだけなのかもしれないのだから。

ちなみに、仕事したくない病だから稼げないということはない。そもそも収入は生み出した価値に対する対価。人に言われたことをこなせるだけの人間が価値を生み出しているわけではないし、そもそも会社に依存している時点で歯車の1つとしての役割しか果たしていないわけだから、給料がたかが知れているのも当然のこと。

そう考えると、サラリーマンをやっていて仕事したくない病にかかるのであれば、まずは副業でもして稼いでみるといいだろう。そこで十分な収入が得られるようになれば、わざわざやりたくもない仕事をしなくてもよくなる。




秘密の話

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ