電子書籍プレゼント

海外逃亡の現実をあえてこの日に考えなおす


3月11日。この日付けはいまだに記憶から消えない。発生した大地震、そして震災から派生した原発問題。これを嫌って富裕層を中心に海外逃亡を図る人が続出した。しかし、この言葉は実際のところ、どうなのだろう?

日本から出られない人にとって、あっさり国外に移住してしまう人を避難したくなる気持ちはわかる。しかし、それを海外逃亡とののしったところで、何が生まれるのだろう?

放射能による被害の実態は、数十年たたなければ分からない。そうなれば、日本国外に移住できるのであれば、そこで生活する、さらには子供を安全な環境で育てるのは逃亡と後ろ指さされるようなことではないはず。

海外逃亡との非難を恐れて移住をためらう家庭もある。特に地縁の強い地方においては、この傾向が強いらしい。実際、ペナンに移住した人と話していたときも、もう以前住んでいた場所に戻っても、今までと同じ関係で近所と付き合えるとは思っていないと語っていた。ある種の裏切り者のレッテルを貼られることは避けられないだろうし、それを覚悟しての移住だったと。

ただ、子供がいるような家庭であれば人の目を気にしている場合なのだろうか?そもそも、移住してしまえば今までの近所付き合いなど解消できるので、逃亡とののしる声もすぐに聞こえなくなるのに。


震災以前から海外に移住していた身としては、日本から出ることを逃亡と揶揄し、非国民とののしる気持ちは理解出来ない。むしろ、わざわざ安全が確認されていない環境に住み続ける方が不思議とさえ思う。

一時的に体制を立て直し、安全な場所で状況を静観する。そのうえで今後の身の振り方を検討するのは、至極まっとうな考え方のはず。しかし、地域や親戚等のコミュニティにしばられ、合理的な選択ができないというのは残念な話。ある意味、日本人らしい全体主義的な発想ではあるが。

海外に逃亡するのか、そこに希望やチャンスを見出すのは自分自身。日本に縛り付けられた外野が口を挟む問題ではないし、実際に移住してしまえば関係のない話なので、日本から出ようとしているのなら勇気を持ってほしい。

一度海外に出て、そこで力を付けて日本の立て直しに貢献する方法もある。ただ国にぶら下がって国内に暮らしているだけが日本の復興の手段ではないし、海外に出ることは逃亡ではなく合理的な選択にすぎない。




大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:海外移住の電子書籍を無料プレゼント中

3位:お茶会・食事会のお知らせ








本当に伝えたかったこと





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事
電子書籍プレゼント

ページの先頭へ