楽してお金を稼ぐ方法


人間の本能として、楽してお金を稼ぐ方法を求めるのは当然の習性。ということで、今回はどうやったら少ない労力・苦労で収入を得ることができるか、特集してみたい。

まず、フリーターや派遣・契約社員の場合、正社員に憧れる傾向にある。時には同じような仕事で給料がいいのだから、気持ちは分かる。しかし、正社員になるのは楽してお金を稼ぐ方法だろうか?

通常、正社員であれば責任もつきまとうし、自由が大幅に制約されることになる。とてもじゃないが、楽してお金をもらっているとは言えないケースも多い。私自身、サラリーマン時代には二度と戻りたくない。仮に今の倍の額を稼げるとしても(ありえないが)、迷わず断る。

正社員であれば、他の会社や職種なら今よりも楽してお金を稼ぐことができると感じることがあるかもしれない。どの仕事も同じ苦労なわけはないので、これは事実だろう。しかし、だからといって転職するのがベストな方法であるとも言えない。

結局のところ、サラリーマンは会社から搾取される立場にある。日本の企業文化の場合、社員は自由を大幅に制限されるのが暗黙の了解になっているし、安月給では割に合わないことになる。

経済が右肩上がりになっている時代でもない以上、もはやサラリーマンであることで将来的に稼ぐことができるわけでもない。昔は年功序列で給料が上がっていったため、会社に勤め続けるのは合理的な方法だったが、今では企業に残っても十分なお金をもらえるかは疑わしい。

これに対し、既存の分野に比べてネットの世界は今でも稼ぎやすい。もちろん、「1日5分だけで」「コピペするだけで」といった方法は通じなくなっているが、まとものビジネスとしてみれば、楽してお金を稼ぐ方法が存在する。

事実、私もサラリーマン時代よりもはるかに楽な仕事をしているだけだし、それでいて数倍のお金を毎月稼いでいる。方法を変えることによって、あるいは雇われる側から独立するだけで、収入は大きく変わる。その決断ができるかどうかによって、現代やこれからの時代においては生涯収入が大きく変わってしまう。




本音を言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ