電子書籍プレゼント

2013年の正倉院展のため、奈良へ行くのは中止


実は2013年、つまり今年は奈良の正倉院展に
足を運ぼうかと思っていた。

混雑の状況はかなり気になるが、
公開期間中にフィリピンから行ってみようかと。


マレーシアに移住し、そのまま2年住んだ後に
日本に戻らずフィリピンに来たが、
その間に一度も日本に行っていない。

久しぶりに行くのなら、
何か面白いイベントがあるときの方がいいのは間違いない。



せっかくなら日本の雰囲気を思い切り味わいたいので
京都や奈良には足を運びたいし、
それなら奈良国立博物館で正倉院展を公開している時なら
普段は見ることができないものを目にできる。

日本に住んでいた頃は気にしなかったが、
海外で暮らすようになると自分の国の文化を
改めて見直したいと思うことがある。

そのための機会として、正倉院展はいいのではないかと。



公開直後や公開終了直前は混雑するだろうから、
11月はじめぐらいに行くのがちょうどいいかと思っていた。

10月26日に公開開始なので、
その直後はきっと混雑するはず。

逆に11月11日の終了直前も駆け込み需要がある。


11月頭の平日であれば、
そこまでは人がいないのではないかと思う。

心配なのは、京都に紅葉を見に来た人が、
ついでに奈良まで足を伸ばして正倉院展を見に来ると
奈良国立博物館がひどい混雑に見舞われる可能性もあること。

京都といえば毎年紅葉の時期は混雑することで有名。

それならそれで、紅葉も見に行くという手もあるが。


そんなことを考えていたのだが、
今年はざっくりと中止にした。

理由は2つあって、1つは体調。

どうも2013年は体の調子が良くない。

事実、今も風邪が回復した直後。

この状態で日本まで飛行機に乗って移動して、
もう3年近く戻っていないので色々国内を周ってとなると
体力的に厳しい可能性がある。


2つ目の理由は、
来年には日本に戻るめどが立ったから。

別に日本でもう一度暮らすという意味ではなく、
あくまでちょっと立ち寄るというだけだが、
その時に京都や奈良にも行けばいいかと思う。

どのみち半年後ぐらいには実現しそうだし、
そんなに頻繁に戻らなくてもいいので。



その頃には2013年は終わって2014年になるし、
確実に奈良国立博物館が正倉院展を開いている時期ではない。

その点は残念な限り。


しかも11月上旬なら一年の中でも過ごしやすい時期なので、
日本に行くならタイミング的にはちょうどいい。

フィリピンより暑い真夏は避けたいし、
寒暖の差が激しいので南国から真冬に行くのも問題がある。

春は花粉が舞っているし、
やはり秋が気候の上ではベスト。

とは言え、今回の正倉院展は見送りにして、
またの機会にしたいと思う。

足を運べるのは2014年になるのか2015年になるのか分からないが、
世界の様々な場所を見た後でどう映るのか、
楽しみに待つことにしよう。



大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:海外移住の電子書籍を無料プレゼント中

3位:お茶会・食事会のお知らせ








本当に伝えたかったこと





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事
電子書籍プレゼント

ページの先頭へ