就活の失敗はプラスに働くことも


就活に失敗して志望先の企業に入れなければ、
短期的に見れば損失かもしれない。

少なくても希望がかなわなかったわけなので、
愉快なことではないだろう。

しかし、ここでうまくいかなかったことが
人生に与える影響は実際には小さかったりする。

長い目で見ると海外に飛び出すきっかけになったり、
その後に身に付けたスキルで
志望企業に入社した同年代より稼げたり、
中途入社や第二新卒で働いても
長期的には大差なかったり。


最近の統計だと、企業が存続できる平均期間は27年という。

あなたが働く期間よりも明らかに短い。

つらい就活をくぐりぬけて入社したところで、
いつ倒産するか分からないのだ。


まして、入った後で想像とは違ったなんて
あまりにもありふれた話。

イメージ通りの素晴らしい会社なんて存在も疑わしい。

どうせ入社しないと分からないのなら、
就活に失敗したかどうかなんて結果論で判断すべき。

最初に設定した目標の達成・未達成にこだわったところで、
そもそも目標設定が間違っている可能性が高いのだから。



就活を終えたサラリーマンを見ても、
志望した企業に入っているからといって
やる気に満ちているわけではない。

さすがに、OB訪問等で
リアルな愚痴をこぼしたりはしないだろうが・・・

世の中のサラリーマンを見てみると、
決して彼らの人生が素晴らしくないことは感じられるはず。

就活に成功したところで、
人生としては失敗かもしれない。


個人的な見解としては、
サラリーマンとして生きていくことを前提にすることが
そもそもの間違いではないかと思う。

サラリーマンを経験するのはいいが、
定年まで40年会社で働くのと、
それ以外の選択肢を視野に入れるのでは話が違ってくる。

働き方も変わってくる。

だからこそ、
就活中、あるいはその前に聞いておいてほしい話がある。

あなたの人生の選択肢を増える話だ。

社畜で人生を終わらせないための学生向けセミナー



ここではサラリーマン人生を20代の段階で終え、
自力で稼ぎながら2年で20都市を旅したり、
マレーシアやフィリピンに移住したりして
自由に生きる私がやってきたことを
お伝えしていく。

受講料は無料だし、オンラインで行うので受講場所も自由。

できるだけ気軽に聞いてほしいので、
このような設定にした。


会社の言いなりで生きていって、
それで納得できる確信がある人にはこのセミナーは不要。

しかし、就活して40年サラリーマン人生を送るという流れに
疑問を持っているのなら、
ぜひ参加してほしい。



海外に行くのも、日本にいるのも自由

私自身は海外生活を送っているが、
日本人の多くが他の国に飛び出す必要はないと思っている。

むしろ職を求めて望まない住環境の国に行くなんて
スキルを身に着けなかった悲惨な結果。

インドや中国にビジネスチャンスがあっても、
そこに住みたくないのなら拒める選択肢がほしい。

就活に成功したとしても、
国内外への転勤が多い会社の場合には
予期せぬ人事異動だって普通に行われる。

そんな時、インドに飛ばされたらどうだろう?

もし望まない異動だったとして、
退職届を出せるだろうか?

これまで多くの海外在住者と話してきたし、
中には駐在員も少なからずいた。

彼らの中には、上海やジャカルタ、ムンバイ等に
社命で渋々住んでいる人もいた。

中には日本に戻るまでを受刑期間に例える人も。


どの国・街に住むかは人生を左右する重要な要素。

そんな基本的なことぐらい
自分で決められるような職業選択・キャリアづくりをしたい。

それはサラリーマン時代に心から欲したことだったし、
今では気が向いたので海外で暮らしている。

そんな人生を送ることは現実的に可能だし、
つつがなく円満に会社員として1つの会社で
職業人としての生涯を終えるよりも難易度が低い気さえする。



本音を言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ