電子書籍プレゼント

サラリーマンであることに疲れた結果・・・


20代の段階でサラリーマンに疲れた。

初めて入った会社がいきなりブラック企業で、
直属の上司がパワハラで数々の部下を退職に追い込んでいるという
絵に描いたような劣悪な環境だったので。



いくら初就職とは言え、
ここまでピンポイントにだめな会社を選んでしまうとは
自分の会社の見る目のなさに驚きを隠せない。

その後、二度と他人に雇われないと決意したのも、
まともな会社を選べる自信がないからだが・・・。



そんなわけで、すぐにでも退職したかったのだが、
さすがにそういうわけにはいかなかった。

初めての就職先ですぐに離職したとなれば、
経歴が汚れて次の就労先が見つからないとか、
そういうことを考えてしまったため、
辛くてもその会社にいなくてはならない。

どんなに疲れても、サラリーマンでいることが嫌になっても。

できれば3年は勤めるのがキャリアの上では望ましく、
最低でも1年は勤務実績を作りたいと思った。

もっとも、環境が悪すぎて3年もこの会社にいたら
おかしくなりそうな気しかしなかった。

所属した部署に人が定着せず、
常に人を募集していた理由がよく分かる。



さすがに危機感を持たずにいられるわけもなく、
会社を辞めたいと思って副業を始めた。

思いきり後ろ向きな動機ではあったが、
サラリーマン人生を終わらせたいという思いは強かった。

同じ部署の後輩社員が早々と辞めていき、
先を越された気持ちにもなった。。

結局、1年後には月に12万円を稼げるようになったが、
その直後にリストラされた。

まさかの展開・・・。



ということで、すっかりサラリーマンであることに疲れたので、
そのまま副業を続けることにした。

今度は本業として。

省略してざっくり言うと、
その後なんだかんだで5年以上たって今に至る。

我ながらずいぶん省略したと思う(笑)。

このへんは何度も語っているので
改めて一から説明するのも面倒だし、
書いている本人としてはデジャブ感がありすぎるので
興味があればメルマガでも読んでほしい。

幸いなことに、
独立してからお金に困ったことは一度もなかったし、
再び履歴書や職務経歴書を書くこともなかった。

退職直後にサラリーマン時代の給料以上に稼げるようになったし、
以前の上司以上、さらに勤めていた会社の役員以上に
収入が入ってくるようになったので。




ということでサラリーマン人生には別れを告げて、
独立して自由になったのをいいことに
マレーシアやフィリピンに住み着いてみたり、
各国を自分のペースで旅して回ったりしている。

旅をするのが疲れたら、
数ヶ月コンドミニアムでゆっくりすることもある。

その時に最適だと思うことをするのが基本なので。



サラリーマンと独立してからの2つの生活を送って、
もう2度と人に雇用されないと決意した。

今さら社会人としての地位にも興味がないし、
しょうもない上司や同僚に気を使って
ムダな仕事をする気にもなれない。

個人として自由に仕事をしたほうが
ずっとやりがいもあって楽しいので。

私の場合、
体質との兼ね合いもあって
朝起きて早々に集中して仕事ができる。

むしろ、この時間帯の生産性は高い。

そのため、朝食前にたいていの仕事を終えられる。

良い仕事をした満足感の中、
胃腸も目覚めて空腹を感じながら食べる朝食は
心身両面で健康的。

一方、サラリーマン時代にはそんな余裕があるわけもなく、
慢性的な睡眠不足でベッドから起き上がるのも辛く、
起き抜けにシャワーを浴びて無理やり朝食を口に詰め込み、
満員電車に乗って通勤していた。

生産性の高い時間は台無しになり、
そこから上司の罵倒に耐えて毎日が不毛に終わっていた。

フローや尊敬できる上司なんて夢のまた夢だし、
遠い世界の話だと思っていたパワハラには
日常的にさらされることになった。

あの頃に戻りたい思える要素が見当たらない。

結局、最後までサラリーマンとしての喜びとか、
充実感といった類のものを得ることはできず、
ただ疲れ果てて気持ちが擦り切れただけだった。


そうした経験があるからこそ、
サラリーマンに戻らないという強い決意ができたのも事実だが。

あの頃の経験から何かを得るとしたら、
迷いがなくなって吹っ切れたということだろう。

「あわよくば副業で稼げたらいい」と思っている人と、
何が何でも会社もサラリーマンも辞めたいと思っていた
当時の私では気持ちの強さが違ったので。

何のスキルもなかったが、
決意だけははっきりしていた。


それにしても、できればまともな会社に就職したかった。

選ぶのをしくじったのだから仕方ないが、
さすがにサラリーマンとしての一歩目であれは強烈だった(苦笑)。



秘密の話

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス




よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:海外移住の電子書籍を無料プレゼント中

3位:お茶会・食事会のお知らせ








本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事
電子書籍プレゼント

ページの先頭へ