腕がだるい原因が意外なところにあった


左腕だけがだるいという状態が随分続いていた。

右はどうもないため、
明らかに症状が片寄っている。

1日ぐらいなら寝違えたりするのも分かるのだが、
さすがに1週間以上毎日というのは説明がつかない。


特に寝具を変えたわけでもなく、
ベッドも枕も今までと同じ。

眠るときは今までどおり仰向けで、
特に寝方が変わったわけでもない。



どうも原因を追求していったら、
エアコンや扇風機の影響で腕がだるいらしい。

左側から風が当たるので、
それが原因であるような気がしてきた。


そこで扇風機の使用はやめて
エアコンも直風が当たらないように設定。

すると1週間ほどで腕がだるいのが取れた。

首周りの違和感というか奥の方がくすぐったい感じもなくなり、
体の状態が快適に。

夜に扇風機をつけっぱなしにするのが体に良くないというが、
起きている間でも一方向から風を受け続けるのはよくなかったらしい。



仕事のときはパソコンに向かっているので、
それが悪いのかと疑ったりもした。

姿勢に問題があるのかとか、
じっとしていると同じ体勢が続くので
血流がとどこおっているのではないかとか。

しかし、腕がだるい原因は別の場所にあったらしい。



実はだるさを感じるようになってから、
マッサージに通ってみたりもした。

フィリピンにはタイ式や指圧、スウェディッシュマッサージ等の
色々なタイプがある。

ただ、どれも見違えるような効果を示すことはなかった。

気持ちよかったとは感じても、
数時間後には今までと同じ状態に戻ってしまう。

もみほぐしてもらうぐらいでは解決しなかったのが、
原因を突き止めたらあっさり治った。



それにしても体というのはデリケートだと思う。

今回の件も、エアコンと扇風機というどこにでもあるような
2つの家電の使い方で腕がだるくなった。

このまま続けていれば
ますます左腕の状態は悪化したのだろうし、
肩こりや首の疲労感も進んでいただろう。


そうなれば仕事のやる気も失われていくし、
色々な面に影響が出てくることになる。

仕事をする気にならないから本でも読もうと思っても、
やはり同じ環境になる。

漫画を読む時も同様。



そうなると、何もする気が起きなくなるところだった。

極端な話ではあるものの、
そうした可能性がなかったわけではない。

なかなか恐ろしいことだと思う。


しかもフィリピンでは一年中エアコンを使うので、
原因に気付かなければ季節を問わずに問題が続く。

腕がだるいだけで済む問題ではなかっただろう。



自分の体の変化に気をつけるようになったとはいえ、
まだまだこんなところに落とし穴があるとは。

本当の意味で健康な状態を保つのは難しい。

それじゃなくても体が強くないので。



過敏だから早い段階で異変に気付けるという意味では
我慢強い体よりも都合がいいと考えられなくもないが、
さすがにポジティブすぎて無理がある気がする(苦笑)。

普通に強靭な肉体の方が便利なのは間違いない。



ちなみに、腕のだるさが解消されただけで
随分快適に過ごせるようになった。

机に向かっていて、妙に肩周りに違和感が出たりもせず、
普通に過ごせるようになったので。

苦痛というほどつらかったわけではないにしても、
やはりストレスのもとになっていたのだと改めて思う。



あれから一度も症状が再発しないところを見ると、
やはり一方向からの風の影響だったらしい。

今ではエアコンも送風機能は弱めて
部屋の温度を下げるだけに設定したので問題なくなった。

意外なところに伏兵が隠れていた感じだったが、
体の左右のバランスを保つのは重要ということなのだろう。




秘密の話

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ