不労所得の本当の意味


今日は夢のない話を。


不労所得によるアーリーリタイアと言えば、
甘美な魔力を備えた言葉の1つだろう。

一方で、実際に体験して
実態を知る前と知った後とで、
これだけ大きく捉え方が違う言葉も珍しい。



働かずに勝手に入ってくるお金。

文字通り、「不労」所得という言葉をそう解釈する人が、
世の中の大多数だろう。


不動産投資における家賃収入は代表的な例だが、
実際には投資について学び、
物件を吟味し、
正攻法でいくなら銀行からローンを引っ張り、
契約等の手続きを行い・・・。

何もしていないとは言いがたいだけの作業がある。

しかも初期資金を支払うことで
リスクも背負っていることに。

これは不労所得なのだろうか?



不労所得の性質をより皮膚感覚で理解したきっかけは、
資産型ブログだった。

ブログを構築し、記事を書き、
毎月収入が生まれる仕組みを構築する。

資産型ブログの規模が大きくなれば、
たまにメンテナンスをするだけで良くなる。

なんならメンテナンスすらせずに放置しても
収入が入ってくる。

そんな状況を見て、
「これって不労所得じゃないですか。
 うらやましいです。」
と言われたことも1度や2度ではない。


しかし、これは不労所得だろうか?


資産型ブログを構築している段階では、
間違いなく時間と労力を投資している。

自分の労力を直接的に投資している場合もあれば、
仕事を外注した場合もあるが、
後者でも仕事の指示や管理は必要。


そしてブログを作り始めた段階では、
集客力が弱いので収入はほぼ0。

短期的に見ればタダ働きのような状態になる。


当初は収入を得られない反面、
時間の経過とともに集客力が上がって収入が増加し、
手を離しても収入が発生し続ける。

この手を離した後だけに着目すると、
たしかに魅力的な不労所得に見えるのだろう。

しかし、実態を考えると、
不労所得とは働かずに得られる収入ではなく、
長期に渡る分割決済を受けているのに近い。



サラリーマンの場合、
働いた翌月には給料をもらえる。

バイトも基本的に同じ。

雇う側としては
社員やバイトが利益をもたらそうが、
役に立たなかろうが、
関係なく規定の金額を支払うというリスクを背負う。

反面、うまく仕組みを作ることができれば、
経営者は大きな利益を得ることが可能。

儲かる・儲からないのリスク、
資金の回収時期に関わらず
一定時期に給料を支払うリスクを背負うが、
うまくいった場合のリターンも大きい。

そのリスクの見返りとして、
業績次第で株主や経営者は大きな利益を得ることもできる。



資産型ブログや不動産投資の場合、
リスクもリターンも直接自分に返ってくる。

経営者による搾取もない反面、
雇われている場合のように
報酬の額も支払いを受ける時期も保証がない。

結果が出ない時期は収入は0。

むしろ不動産を買ったら、
ローンの支払いや税金等でマイナスになる時期もある。

ただし、うまくいけば長期にわたって
支払いを受け続けることができる。

が、支払い時期が長いだけでは
不労所得が蜜の味どころか、
単に不利なだけでしかない。



今手元にあるキャッシュの価値が
将来の同じ金額の価値より高いというのは、
金融の世界では常識。

今日の100万円は、
1年後の100万円よりも貴重。

1年あれば運用をして増やすこともできるし、
この1年の間に出費が必要になった場合にも対応できる。

そのため、
今日もらえるはずの報酬が先延ばしされるなら、
その分増額されないと割に合わない。

支払いを受ける側としては、
できるかぎり早急に資金を回収するのがベスト。



そう考えると、
「報酬の獲得が長期に分割される不労所得は、
むしろ不利では?」

そんな仮説も成り立つ。

報酬の獲得時期だけで見ると、
まさにその通り。


にも関わらず、
私は不動産投資をしているし、
資産型ブログも持っている。

そして、後悔しているどころか、
心から良かったと思っている。


それは長期にわたって報酬が分割されるからではなく、
結果的に報酬の総額が大きくなるから。

価値のある資産を作っておけば、
それが不動産であれ、ブログであれ、
報酬を生み続ける。

そして、得られる総額は大きくなる。


例を挙げると、
不動産を購入する場合、
支払った金額が長期にわたって戻ってくるだけなら、
期限の利益を喪失しただけでマイナス。

2,000万円を投資して、
その後得られた金額の合計が2,000万円なら
失敗ということになる。

家賃や売却で得られた金額の合計が
購入額を上回って初めて、
不動産投資は意味を持つ。

そして、それだけの金額を得られると
期待できるからこそ不動産投資が成り立つことになる。



こうして、不動産投資は
購入額(投資額)よりも
得られる総額が大きいと期待される時に
成立するものとなる。

後払いをしてほしいから、投資するわけではない。



資産型ブログにしても、
作業を始めた当初は報酬がほぼ発生しない。

これが参入障壁になり、
「楽して稼げたらラッキー」という気持ちの
新規参入者の多くは、早々にやる気を失って去っていく。

戦略的に長期スパンで取り組めば
大きな結果をじわじわと分割で得られるが、
それに気付き、実践できる人は限られる。


逆にコツコツ取り組んだ人の場合、
サラリーマン時代の給料よりも
大きな報酬が資産型ブログから
安定的に発生し続けることも珍しくない。

そうなれば、暮らすように旅することも可能になる。

私自身の例だけではなく、
今までに何人もそうした人に会ってきた。



翌月には給料が振り込まれる働き方に慣れると、
数ヶ月耐えるということのハードルが
上がってしまう部分もあるだろう。

そもそも頭では長期視点が重要と分かっていても、
実践できない人も多い。

他人に管理されないと
簡単な習慣すら身に付けられない残念な大人は、
うんざりするほどに多いように感じる。

だからこそ、いまだに会社という仕組みが
揺らぐことがないのだろう。



こうして、すぐに報酬を得たい人は、
不満を抱えていたとしても
一生人に雇われることになる。

得られる金額に納得していなかったり、
働き方が不自由であっても、
確実に翌月の収入を確保するには
雇われるのが手っ取り早い戦略なのだから。




不労所得のメリットは、
働かずに所得を得られること、
という文字通りの意味ではない。

実際には時間や労働等を最初に投下し、
長期スパンで報酬を回収しているにすぎない。


本当のメリットは、
報酬が長期に分割されるという
デメリットを補って余りあるだけ、
獲得できる金額が増えるという部分にある。

逆に言えば、
この条件を満たしていない不労所得は
魅力を備えていない。

2,000万円投資して、
30年にわたって1800万円を分割で得られる案件なんて、
たとえ不労所得に見えるとしても
誰も投資しようとは思わないだろう。



得られる総額が増えること以外の
不労所得のメリットを挙げれば、
前述の通り参入障壁になるというのが1つ。

魅力的な市場であっても、
誰でも簡単に新規参入できたのでは
今後の結果がおぼつかない。

最初の部分である程度ハードルが設けられている方が、
真剣に取り組む場合には助けとなる。


そして、もう1つは支払いが分割されるため、
毎月お金が入ってきて気持ちが安定するということ。

月によって収入がなくなるのは不安だし、
逆に1度にまとめて大きな金額が入ってくるのも、
それはそれで金銭感覚がおかしくなる原因になる。

長期にわたって当たり前に報酬が入り続けるのは、
気持ちの安定の上で大きなプラス。




不労所得という言葉を
どんな文脈で使っているのかを見ると、
だまされやすいカモを相手に
嘘をついている人を察知できることもある。

働かずに、何もせずに稼げるという意味で使っていれば、
それは単なる嘘の可能性が高い。

残念なことに、
世の中にそんな話はあふれているが・・・。




不労所得と言われるものは、
学んだり仕事をしたりといった仕組み構築の時期と、
支払いを受けるタイミングがずれているため、
一見すると何もしなくても稼げているように見えるだけ。

それ自体は、
報酬の発生タイミングが遅いだけなので不利。

あくまで報酬総額が大きくなることで
初めて意味を持つし、
それは目の前のキャッシュよりも
長期的な視点でリスクを取った結果として得られるもの。

その視点のない不労所得は、
(主に頭の弱い人向けの)客寄せパンダの可能性が高い。





PS.
ちなみに、親や親族の遺産が入ってきた場合。

相続の手続きを除けば、
まさに不労で所得を得ているとも言える。

ただ、少し視野を広くしてみると、
遺産を築いた人(亡くなった親や親族)が
結果的に自分の代わりに労働してくれたのと
同じ結果となる。

いわば相続によって労働の結果の移転が起きているだけで、
この場合も労働が存在しなかったわけではない。



結局、労せずに所得だけ得るという夢を見るより、
効率的な仕組みを作る方が
はるかに得られるものが大きい。



本音を言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ