電子書籍プレゼント

東京ベジフードフェスタ2013に参加しない理由


2013年の10月19日、20日に開催される東京ベジフードフェスタ2013。

代々木公園のけやき並木で開催されるらしい。

日本に住んでいた頃だったら、
こんなイベントがあっても見向きもしなかったと思う。

ただ、今は健康に関心が強くなってきたので
行ってみたいと思ってしまった。



西洋医学と東洋医学のどちらの面から見ても、
共通しているのは野菜中心の食生活が健康的ということ。

その意味で、東京ベジフードフェスタ2013の企画内容は
体のためにプラスになるのだろう。

私が住んでいるフィリピンの場合、
野菜の鮮度はそこまで高くないものも多い。

やはり島国なうえに、
日本のように大きな島があるわけではなく、
細かい島の集合体なので輸送に時間がかかる。

それが大きな原因になっている。



そんなこともあり、日本との差を見るために
東京ベジフードフェスタ2013にも行ってみたいが、
さすがにそのためだけに帰国するのはちょっと・・・

マニラは沖縄よりさらに南なので、
代々木公園まで行くのは近いわけではない。

それだけの時間と体力をかけるのなら、
まだ行ったことのない国に旅行に行くほうがいいし。

ミャンマーとかスリランカに行くのも大して変わらないので、
未知の体験という意味ではそっちがいい。



ということで、ちょっと気になりつつも
東京ベジフードフェスタ2013には不参加で。

東京にいる時なら立ち寄ってみたいものの、
やはりフィリピンから参加するものではないかと。

野菜のポテンシャルを知るのは興味深いが、
結局日常の生活に落とし込めなければ意味がないし。


イベントの時は野菜の美味しさに目覚めても、
そこに出展している店が近くにあるわけでもないので。



フィリピンのファーストフードに行くと、
肉とご飯だけで野菜が一切なしとか平気で出てくるので、
フィリピン人の体は大丈夫なのかと心配になることがある。

そういう店に行くことはないので個人的にはかまわないが、
さすがに色どりの面でも栄養面でも問題あるような・・・。

ちゃんとしたレストランに行けば
もちろん野菜もしっかりメニューに含まれているので、
経済状態と食生活が密接に結びついているのが
マニラで生活しているとよく分かる。


私も外食しかしないので、
意図的にサラダや野菜スープを取るようにしているが、
凝った野菜料理も食べてみたい。

ベジタリアン料理とか。

別に肉も魚も食べるけど、
そういう店もたまには行ってみてもいいかと。

そういえばマニラにもベジタリアン向けの店が
どこかにあると聞いたことがある。

東京ベジフードフェスタの代わりというわけではないが、
行ってみてもいい気がする。




大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:海外移住の電子書籍を無料プレゼント中

3位:お茶会・食事会のお知らせ








本当に伝えたかったこと





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事
電子書籍プレゼント

ページの先頭へ