海外移住後の食事の注意点




マレーシアやフィリピンをはじめとして、
アジアに移住した人、あるいは旅行で来た人の多くは
現地の料理が美味しいと口にする。

最初は入るのに抵抗のあるローカルレストランでも、
食べてみると意外に美味しい。


パクチー等の香草がふんだんに使われるタイ料理を除けば、
基本的には日本人の口に合う。

タイ料理は好き嫌いが激しく分かれるので、
これについては何とも言えない。



私がマレーシア移住後に住んだコンドミニアムは、
徒歩圏内にローカルレストランしかなかった。

ローカルレストランが密集した場所があり、
そこに歩いて行っていたのだが、
半年でマレーシア料理に飽きた。

その後はマクドナルドでデリバリーを頼んだりして、
最初の1年をしのいだ。
(マレーシアでは100円弱のデリバリー料を払えば可能)

2年目は別のコンドミニアムに引越し、
1日1食から2食は日本料理屋へ。


ジョホールバルは日本人が多い街ではないが、
(約1,000人の日本人が在住)
日本料理屋はかなりレベルが高い。

日本人から見ても納得のクオリティーの店が普通にある。

現地で作られたチェーン系の日本料理屋はひどいが、
個人経営の店は大抵美味しい。



移住当初は日本食が恋しいとは思わなかったが、
やはり半年もすると欲しくなるもの。

現地の料理ばかりでは飽きが来る。

これは部屋探しの際に考慮に入れたほうがいい。


なお、アジア各国を旅して分かったことだが、
日本人が昔から多く住んでいた都市においては
日本食レストランのレベルは高い。

マニラ、バンコク、クアラルンプール等の
大都市であればもちろんのこと。

もっと冗談のような料理が出てくるかと思ったが、
実際はそんなことはなかった。



なお、先ほどチェーン系は基本的にまずいと言ったが、
これは現地で作られたチェーンの店。

日本から出店されてる場合は話が別。

たとえば、焼肉の牛角やラーメンの山頭火、
たこ焼きの銀だこ、カレーのココイチ等は各国に展開しているが、
こうした店は美味しい。

それ以外なら個人経営の店を選んだほうが無難。



街によっては日本料理屋が密集した場所がある場合も。

これはマニラやバンコクで見られる。

こうした場所に通える範囲で暮らすと、
食べ物の心配をする必要はなくなる。



なお、店で出される水や氷の安全性を心配する人もいるが、
これについては基本的には大丈夫。

よほどお腹が敏感な方でなければ、
特に気にする必要はないと思う。

私もお腹が強い方ではないが、
特に問題を起こしたことはないし、
周囲の移住者や旅行者を見ても大丈夫なので。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ