フィリピン、クオータービザ取得レポート


フィリピンでは当初取得するつもりだった
SRRV(リタイアメントビザ)を取りやめ、
永住権(クオータービザ)を申請した。

そこまでには迷いもあったし、
マカティに移住してから半年以上を
調査に費やしてきた。


取得までの経緯や注意点についてレポートにまとめることにしたので、
希望の場合は以下のメール講座(無料)へ登録をどうぞ。

レポートはメール講座の中で配布するので。

メールアドレス




国によっては永住権取得の道のりが険しく、
億単位の資産がないかぎりは
現地の人と結婚でもしない限り希望がない場合も。

その点、フィリピンはハードルが低い。

しかも今後の経済発展が確実視される国のため、
安くで取得できる内に取得しておくメリットも大きい。

外国人への門戸が狭くなっていくのは、
新興国や中進国の常。

フィリピンの永住権、クオータビザも
最近では徐々に取得が難しくなってきている。

ハードルが上がらないうちに行動できる人が
大きなメリットを享受することになるだろう。


これまで、駐在員でもワーキングホリデー等でもなく、
自らビジネスを行いながらマレーシアに移住したり、
その後はフィリピンのマカティで暮らしたりしてきた。

今後も色々な国に住んでみる予定。

どこかの国に定住するというよりは、
色々な国で暮らせればと思っている。


そんな私がフィリピンでクオータービザを取ったのは、
今のように日本のパスポートが強力でなくなっても
確実に住める国を確保するため。

永住権を簡単に取得できるような国は、
世界の中でもほとんど存在しない。

まして、年間滞在日数の制約もないというのは
確実に破格の条件ということになる。

このチャンスを逃すわけには行かなかった。

通常は最低でも年間183日以上滞在しないといけないとか、
そうした規制があるので。


同じ目的でマレーシアのMM2Hというリタイアメントビザも取ったが、
こちらは今後効力が続くかという面で
かなり暗い見通しになっている。

やはり権利の継続性という面において、
フィリピンのクオータービザを越える権利は
見当たらないというのが率直な感想。


クオータビザ取得レポートでは、
実際に私が取得を決めた理由から、
SRRVをやめた理由、
取得までの流れや出来事、
これからのビザ戦略を明かすことになる。

今後、フィリピンで生活する予定であるとか、
ビザを取るつもりという場合は参考にしていただければと思う。



秘密の話

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ