フィリピンのビザ取得業者の惨状


フィリピンでクオータービザを取ることにして、
色々と下調べをした。

元々はSRRVというリタイアメントビザを取得予定だったところ、
比較してみた結果としてクオータービザの方が
優位という結論に達した。


それはいいのだが、
実際の取得手続きは自分で行うわけではない。

フィリピンの役所と個人でやりあうには
あまりにも時間と労力とストレスがかかる。

しかもクオータービザの場合、
事実上、力のある業者を通さないと取得できないという事実も。



取得後のケアの問題もあるので、
この業者選びは非常に重要になる。

ここで失敗すればフィリピンでビザが取れないとか、
取った後のサポートがないといったことになる。

ある意味、どこに依頼するかがもっとも大切な部分。

この部分で間違えなければ、
あとは向こうが具体的な手続きはサポートしてくれる。



というわけでフィリピンに移住してから
ビザの取得業者について慎重に調べた。

時には現地在住の人から話を聞いたりもして、
アフターサポートまで含めて確実な会社を見つけるために。


結論として見つかったのだが、
それまでにおかしな会社・個人をいくつか発見することになった。

過去に費用を持ち逃げされたという話も耳にした。


個人レベルで取得を請け負っている場合、
いつ逃げるか分からない状態にある。

しかも最初は善意で取得を代行しようとしていても、
やってみたら上手くいかずに逃げる例も。

フィリピンの役所とのコネが思ったように機能せず、
結果的に相手をだましたことになる例もあると聞く。

マニラ在住の日本人にはフィリピン人と結婚している人もいるので、
親戚や友人の話を真に受けてコネが使えると思い込んでしまい、
それが問題になることもある。

最初のうちは善意である分、見抜くのは難しいのだろう。




こういったフィリピンのビザ関係の業者の惨状を見て、
実績のある会社に頼むことにした。

マニラ在住歴の長い友人にも話を聞き、
評判のいい会社だったので大丈夫だろうと。



それにしても、なかなかの魑魅魍魎ぶりというのが、
この業界を調べてみた結果だった。

各国で日本人向けに不動産を扱う業者も
色々内部事情を聞いていくと問題を抱えている事が多いが、
ビザ関係はそれ以上という印象。

しかも重要な問題だけに、
業者選びに失敗すると大きなダメージを負う結果になる。

なかなか怖いところだ。




クオータービザは永住権とほぼ同じなので、
フィリピンにいつでも住めることになる。

日本の他にも住める国を確保することは
いざという時の保険にもなるしメリットは計り知れない。


ただ、いくらメリットが大きかったとしても
それは無事にビザを取ることができて、
その後の手続きも毎回無事に行えることが前提。

それができなければ、
ビザのメリットなんて絵に描いた餅でしかない。


そして、そのリスクは決して小さくないことを
リサーチしていく段階で嫌というほど思い知らされた。



華僑やユダヤのように、
海外に出ると自国民同士で結束するという意識が
日本人の場合には希薄らしい。

むしろライバル企業を叩いて顧客を奪うとか、
海外に不慣れな日本人をだまそうとするとか、
そういう方向に力が向いている会社が多いのが実際。

日本人の海外移住者がいまいち増えない理由は、
こうしたところにもあるのかもしれない。


わざわざ騙して商売をするよりも、
ライバルもそれほど多くないのだから
真面目にやって長続きさせた方がいいと思うのだが・・・。

何にしてもまともな会社を見つけられてよかった。


永住権取得記念!
フィリピン・ビザ取得レポートを
期間限定で無料プレゼント中!



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ