メールアドレス





アメリカが移住先として魅力的かを現地で確認してきた

今後暮らす国としてアメリカが移住するのにどうなのか、 世界一周の中で見極めておくことにした。 元々マレーシアやフィリピンで合計3年以上生活したが、 次の場所は決まっていない。 ひとまず非定住生活を始め→続きを読む



アイルランド、ダブリンの移住先としての価値を現地調査

7月終わりに訪れたダブリンは移住するにも悪くない選択だと思える環境だった。アイルランドは緯度が高いため、同じ時期のヨーロッパ主要国よりも涼しい。ポルトガルやフランス、ドイツ等は最高気温が30度以上まで→続きを読む



ハンガリーで永住権を取る方法(ヨーロッパ屈指の好条件)

EUに加盟している国の一つとしてハンガリーがあるが、この国で永住権を取ることが出来るという。しかもそのハードルが非常に下がっているということで、一部で話題を集めている。というのも、5年物の国債を25万→続きを読む



セブの移住先としての魅力をマニラ居住者として分析

セブへ移住する友人が増えていくにつれ、納得が募っていった。私自身、同じフィリピンのマニラ市内、マカティエリアに先日まで住んでいた。その上で、この国で暮らす日本人が多いこと、日本人が住みやすい環境ができ→続きを読む


人気記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ