タイでも億ションが登場



バンコクのコンドミニアムで最低価格が1億を超える億ションが
ついに登場するらしい。

まだ建築前ということで現物は見に行けないものの、
中心部のスクンビット近くのプロンポン駅付近で、まさに一等地。

たしかに便利な場所には違いない。

それにしても、タイ人の所得水準は
もちろん日本よりもずっと安い。

レストランのバイトなら時給100円で雇える。

その状態で億ションが出てきたとは、
本当にバブルになっていると感じる。

単純に国内での需要だけではなくて、
海外から資金が流れてきた結果として高騰しているのが見える。

所得水準に対して不動産価格が合わなくなると
経済がうまくいかなくなった瞬間が怖い・・・。

一気にバブル崩壊になりかねないので。

すでに家賃利回りが下がり続けているし、
バンコクで家賃をローン支払いに充てながら
のんびり物件の値上がりを待つことはできない。

もはや家賃がローンを下回っているため。

ということで、元々バンコクの不動産に手を出す気はなかったが、
この億ションの購入の勢いが今後の他の物件の
価格動向を占う要素になるのだろう。

ここで一気に売り切れるようなら
他のコンドミニアムの価格も後を追って上昇するはず。

逆に売れ行きが悪ければ
市場の意識が堅実な方向に引き戻されることも。

次にバンコク入りした際にでも、
気が向いたら見てこようかとも思っている。

タイの物価からすると高級コンドと言えども割高だが、
すでにそうした価格水準に突入するのが
納得できる部分もある。

現地に行けば、モデルルームか何かがあるのだろうか?

あっという間に完売という可能性もあるので、
そのタイミングで確認してから行った方がいいかもしれない。

とは言え、プロンポンなら和食レストランや
タイスキCOCAに行くついでに寄れるので、
ぶっつけ本番で収穫がなくても痛手にはならないが。

どちらに動くにしても、
こんな投機的な状況では不動産を持ちたくない。

この状況、投資家としては旨みを感じないものの
旅行者としては嬉しい限り。

バンコクは5つ星ホテルが6,000円程度で泊まれることもあるので、
消費者として楽しむ分には供給過剰はプラス要素。


海外に移住するのは本当に難しいのか?


日本を出て海外に住むようになってから
「海外に移住したい」という話をよく聞くようになった。

同時に、

「英語が苦手で・・・」

「海外での部屋選びで失敗しないか不安」

「他の国での生活を想像できない」

「下見で何を確認したらいいか分からない」

「移住後の仕事やお金が問題」

等々の様々な不安や悩みも耳にする。

そこで、10年以上海外で暮らし、
4ヵ国に住んできた経験を凝縮した電子書籍、
『「いつか海外に住みたい」を手の届く現実にするための本』
を無料でプレゼント
することにした。

電子書籍の目次等も掲載しているので、
プレゼントページへどうぞ

電子書籍のプレゼントページへ



よく読まれている記事