女性が海外移住する場合の注意点


海外に移住した女性に話を聞くと、
やはり男性の場合とは違う問題もあるので、
そのあたりのことを書いてみようと思う。

ハードルの高さとしては
男性よりも女性の方が高いのは事実。



たとえば、トイレ。

東南アジアの中にはマレーシアやフィリピン、タイといった
海外移住先として人気の国があるが、
トイレ事情はきれいとは言えない。

基本は自宅で済ませるにしても、
外で使いたい時もある。

そんな時、毎回座ってしなければいけない女性は
影響をより強く受けることになる。

男性の場合、立ってする時には
多少汚いトイレでもかまわないので、
夫婦で移住するような時には気持ちに温度差ができることも。



それから、化粧品やメイク落とし。

海外に移住した日本人女性に話を聞いたら、
メイク落としが売っていなくて困ったという。

よく分からないのだが、
日本では液体やジェル状等の色々なタイプが揃っているらしい。

それがアジアで暮らしているとなかなか見つからず、
最初のうちは不便だったということ。


メイク落としに様々なタイプがあること自体、
正直私には分からないのだが、
やはり女性が海外に移住するとなれば
そういった美容関係の問題も出てくるのだろう。



美容院にしても、やはり女性の方がシビアな問題。

私にいたっては最悪でも坊主にすればいいと思って
あえてフィリピンで120円ぐらいの美容院に
試しに行ってみたことがある。

さすがに興味本位だったので1度だけだが、
それができるのはやはり私が男性だから。


そこまで極端なことはしなくても、
美容院で失敗された時のダメージは女性の方が大きいだろう。




こう考えてみると、何かと女性は大変だと思う。

ただ、海外に移住する上でメリットがないわけでもない。


たとえば、フィリピンではエステやマッサージを安くで受けられるし、
ネイルも1,000円程度でやってくれたりする。

こうした楽しみは女性の方が見つけやすい。


あとはフィリピンを中心に、
一部の国ではメイドさんを安くで雇えるため
家事から解放されるというメリットが。

マニラなら月3万円程度で住み込みで働いてもらえるので、
わざわざ自分で家事をする必要がない。

もちろん住み込みが嫌なら通いで来てもらうこともできる。

やはり日本人として住み込みは抵抗がある人が多いので。


たとえば、週に2回通いで掃除に来てもらって、
月に2,000円程度で雇うことも可能。

もちろんトイレや水回りも掃除してくれるので、
自分でする必要がなくなる。



もちろん海外移住先の国によっては
日本並みの物価・人件費のところもあるので
必ずこうした生活が待っているわけではない。

カナダ等の先進国であれば、
そう簡単にこんな生活は送れないので。

ただし、住む国を選べば家事から解放されたり、
エステやネイルに気軽に通える日々を送ることもできる。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ