インドネシアの生活費の相場をジャカルタで確認してきた




インドネシアの生活費や、移住環境を確認するため、二度目のジャカルタ渡航となった。

バタム島を含めると、この国に来るのは三度目になる。

スカルノハッタ国際空港で、30日の観光ビザを買い、その期限目一杯の30日間の旅をすることにした。

様々な場所を見て回るため、日本人街でもあるブロックエムも含め、ホテルはジャカルタ市内を転々とすることにした。

私の場合、これまで東南アジアの中では、フィリピンとマレーシアの2つの国に住んだことがある。

それぞれ永住権とリタイアメントビザも取ったし、いつでも戻れる状態だが、よりよい生活環境の場所があるのであれば、そちらを居住国にしたいという思いもあり、インドネシアに来た。

生活費も当然ながら、一つの要素にもなるので、スーパーやコンビニ、ショッピングモールを下見したり、不動産投資の視察もかねて、いくつかコンドミニアムを見せてもらったりした。

更に言えば、移動の際には当然ながら、交通状態とか、道路のインフラとか、ホテルに泊まっていれば水道やネット等のインフラ等も見えてくるので、かなり実り多い旅となった。

今回はそのレポートをまとめておこうと思う。

節約生活をした場合の生活費

ジャカルタで日本人が、あまりお金をかけないように、暮らした場合の生活費について最初にまとめておく。

これはあくまでも現地の人レベルの暮らしをするという意味ではなくて、外国人としてあまり危険を冒さずにすむ範囲での生活水準という意味で理解していただければと思う。

さすがに日本人が、全くセキュリティーの整っていない地区に住んだりとか、あるいはそういったコンドミニアムに住むというのは、かなりリスクが高いので、あくまでも現実的な範囲での話。

そうなってくると、ジャカルタの場合、だいたい家賃5万円ぐらいのコンドミニアムから対象ということになってくる。

逆にそれ以下の物件ということになると、お金のために安全を犠牲にせざるを得なくなってしまうので、それはさすがに避けた方がいいだろうし、そこまでしてわざわざインドネシアに住む必要があるのかどうかということも、個人的には疑問が残る。

ということで、ひとまずは、家賃を5万円と想定してみると、それ以外の生活費として、節約をするという前提なので、基本的にローカルフードを中心として、食事を済ませたら、一食200円から300円ぐらいで十分食べられるので、一食を平均250円として、昼、夜の2回の食事で500円。

これが一ヶ月続くと、1万5千円となる。

それ以外に水道光熱費やネット代を使って、これを合計8千円とすると、諸々込で7万3千円。

+αの費用として、1万2千円が携帯代であるとか、その他雑費にかかるとして、8万5千円ぐらいの生活費で暮らせるということになる。

標準的な外国人としての生活費

上記の金額は、あくまでもかなり切り詰めた場合で、私のマレーシア時代の体験からしても、ローカルフードばかりでは、半年もあればすぐに飽きてしまう。

そして、もう見るのもうんざりになってしまうほど、マレーシア料理だけではなく、その近辺のタイ料理やインドネシア料理も嫌になったが、ジャカルタにおいても、同じことが起ると思われる。

確かにこの国には、屋台の店は多いが、出している料理は、そこまでレパートリーが広いわけでもなく、味も比較的似ているので、日本人がずっと食べ続けられるかと言うと、かなり厳しいものがある。

味覚というのは幼い頃に決まっているので、最初のうちは珍しいものを美味しく食べられても、昔から食べていないものというのは、どうしても突飛というか、変わり種としての楽しみがあるだけで、安定的にそれを食べ続けるというのは、うんざりしてくる。

そう考えると、食事においても和食レストランとか、あるいはイタリアン等の店に行くことになるが、こうなってくると、一食軽めに食べても、1000円弱はかかると思った方がいい。

となると、そういった店を中心に食事をするのであれば、昼に1000円、夜に1500円として、1日食費で2500円かかることになる。

これが1ヶ月で7万5千円。

家賃も一人暮らしの場合であれば、スタジオタイプと呼ばれるワンルームで、だいたい7〜8万ぐらいする。

ここではとりあえず8万円として計算しておくと、食事と家賃の合計額が15万5千円。

ここに水道、光熱費や、ネット代がかかってくるので、それを1万円とすると、16万5千円。

携帯代や雑費を入れると、18万円ぐらい必要になる。

この場合は、そこそこのコンドミニアムに住めるので、プールはほぼ必須で付いていると思っていいし、ジャカルタの場合は、それ以外にも、テニスコートやスポーツジム、トレーニングジム、バスケットコートなどがついていることも多い。

そういった意味で言うと、日本で暮らす場合と比べても、金額は小さくなるわけではないが、それなりに質の高い暮らしが、できる側面もある。 

更に言えば、食事代については、ローカルフードを時々織り交ぜるとか、あるいは自炊をするといったことによって、生活費を下げることは可能なので、インドネシアにそこそこの水準で暮らすのであれば、必ず18万円かかるという意味ではない。

生活の質は上がるのか

インドネシアという国は、新興国の中でも、まだまだ発展途上にあると、位置づけられることが多いし、実際現地に入ってみて、つくづくそう感じる。

インフラはボロボロで、ホテルによっては、水道水から海のようなにおいがする。

当然ジャカルタで水道水を飲むようなことはないにしても、うがいをしたりとか、シャワーを浴びたりすると、皮膚からの吸収や、粘膜からの吸収もあるので、あまりうれしい物ではない。

ネットもあまり安定しているとは言えないし、何よりも道路がひどい。

あきらかに歩行者を意識していない作りになっているので、信号や歩道橋がないような場所が多く、命がけで車を遮って渡らなければいけない。

しかもインドネシアの場合は、まだまだ経済的にもそれほど豊ではないので、車よりバイクが多い。

そうなると、ひっきりなしにバイクが車の脇をすり抜けてくるので、道路を横切るというのは非常に危険。

では、タクシーで移動すればいいのかというと、渋滞がひどいため、それはそれで時間が読めず、非常に苦労することになる。

例えばホテルで、ブロックエムまでの時間を聞いても、空いていれば30分で着くが、渋滞のことがあるので、なんとも言えないと返答されたりもする。

正直なところ、インドネシアは、生活費のわりに、快適度は非常に低いと思う。

そもそもこの国は、タイやマレーシアといった国と比べて、明らかにインフラが弱く、食のレベルもイマイチだし、まだまだ居住環境としては、整っていないにもかかわらず、生活費に関しては、ほぼ同じレベルになっている。

同じコストを支払って、わざわざ質の低いものを手に入れる人はいないし、そういった意味でいうと、インドネシアい移住したいと思わなかった。

そして、この国の環境が整うまでには、少なくともあと10年はかかるだろうし、おそらくそれだけの時間が経っても、交通インフラはボロボロのままだと思う。

むしろ年々渋滞は悪化してるわけで、改善の兆しもないし、そもそもインドネシアが移住先として魅力的になるころには、タイやフィリピンはより一層価値を増しているはず。

そうなってくると、この国はわざわざ住む対象ではないというのが今回の結論。

P.S.ジャカルタの日本人街、ブロックエムにあるスーパーに行った時のこと。

納豆を買おうと思ってが、税関を通らなかったらしく、たれなしで売っていた。

インドネシアは、2億人以上の人口をかかえ、マーケットとしても有望なため、注目されているが、母液に関しては、非常に厳しい規制をかけていることでも有名。

そのため、輸出入をしようとしても、こういった障壁で阻まれてしまい、更に申請を出してから、半年以上を時間がかかるとか、そういった問題も報告されている。

一筋縄でいく国ではないし、ハラール食品等の認定もかなり厳格なので、そういった点は覚悟してインドネシアではビジネスをする必要がある。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ