電子書籍プレゼント

ルーマニア移住はありか?主要4都市を視察しての結論



ブカレスト他3都市(ブラショフ、シギショアラ、シビウ)を周って下見をしながら、ルーマニアへの移住について考えてみた。

東欧の一角を占めるルーマニアは、ドラキュラ伯爵と物価の安い国として知られている。

昨年ポーランドやチェコ等の東欧の国を周って、このエリアには注目するようになったが、ルーマニアについては今回が初めての訪問となった。

ブルガリアに続きやってきたが、この国の移住にあたってのメリットは、それなりに英語が通じることと、国内移動についても外国人の利便性がそれなりに確保されているということ。

英語が通じず、駅名表示もキリル文字だけだったりするブルガリアと比較すると、日本人の住環境としてルーマニアにはこの点で優位性が存在する。

仮にルーマニアに移住して生活をするということになると、現地の言葉を覚えても、他の国では使えないので、英語を使って暮らすことを想定している、

別に5年も10年も住むというつもりは最初からないので、仮に住むとしても1年とか、あるいは寒い時期を除いて数ヶ月とか、そういった単位ということになると想定しており、マイナー言語であるルーマニア語を覚えるモチベーションは全く存在しない。

そうなった場合に、ブルガリアのように英語が通じないと非常に不便な思いをするし、鉄道に乗るにしても英語表記が全くなくて、なおかつ到着時刻すらも書いていないブルガリアに比べると、ルーマニアは標準的なヨーロッパの形式になっているので、鉄道の旅も快適だった。

今回はブカレストを基点として、ブラショフ、シギショアラ、シビウと回ってきたが、途中で特に不安を感じることもなく、無事に移動することができた。

唯一の不満は、とにかく鉄道が遅いことぐらいで、料金の安さを考えれば仕方がないとも言える。


安全に住める環境か?


ルーマニア移住において、大きな障害となるのは治安面の不安。

私自身は、ルーマニアにいる時に身の危険を感じるようなことは一度もなかった。

国によっては、到着して早々に異常な空気を感じたりするので、そういった意味ではのどかとまでは言わないものの、ヨーロッパの中でも特別危険という感じはしない。

例えば、ロンドンやパリに比べて、ブカレストが如実に治安が悪いとか、そういった傾向を感じることはなかった。

ヨーロッパの中でも、いわゆる先進国の国と比べると移民が入ってくるわけでもなく、そういった意味でも治安が乱れづらい下地があると言えばあることになる。

ルーマニアは、他の国に移住していく、または働きに出る人が多い国であって、移民の受け入れ先というよりは、移民を輩出する側ということになる。

とはいえ、経済が貧しい国なので、そこまで安全というわけでもないし、現にブカレストは危険極まりない街のように言われていたりもする。

特に長距離路線の起点となっている北駅の治安については悪評高く、無意味に近づくことは推奨されていない。

また、野犬も多いのだが、東南アジアに比べて体が大きく、動きも俊敏。

首都ブカレストに限定しても、4ヶ月で6,000人が噛まれたというデータも出ている。

ルーマニアで襲ってくるのは必ずしも人間とは限らない。


それ以外の街でいうと、シギショアラは異常に物乞いの数が多く、1日に何人も遭遇することになった。



移住することを考えると、こういった環境は避けたい。

シギショアラは小さな町なので、物乞いとも顔見知りになることは生活上避けられない。

もちろん交流を持つという意味ではなく、お互いに顔を認識するという意味で。

日本人が目立つのは避けられなし、こうなると計画的な犯行の被害に遭うリスクもある。


となると、今回周った街の中でも、すでにブカレストとシギショアラは移住先の選択肢から外れることになり、残るのはシビウとブラショフのみ。

しかしながら、これら2つの街についても特別移住したいと思うほどではない。

ルーマニアは確かに物価は安いが、生活環境の整備がより進んでいるポーランドとか、あるいはチェコとかハンガリーとか、そういったところと比べて、特別価格優位性を持っているわけでもないため、あえて未発展のルーマニアに移住をするのは理に適っていない。

様々な国を見て思うのは、経済が発展していないとか、インフラが整っていないとか、文化的に未発達とか、そういった国の方が物価が安そうな印象はあるものの、それはイメージの問題であって、現実には必ずしもそうではない。

バンコクとジャカルタの物価は同水準だし、バンコクとクアラルンプールであれば、なぜかクアラルンプールの方が物価が高いことが現地に行けばわかる。

それと同じように、ルーマニアとポーランドは大して生活費は変わらず、それでいてポーランドの方が安全で、水準の高い生活を送ることができる。

それであれば、わざわざルーマニアに移住をしてしまうメリットはないということになる。

また、ルーマニアで懸念材料となるのは食事で、どういうわけかブカレストを中心にいまいち食事が美味しくない店が多かった。

これは東欧の中でも目立った特徴で、長く住むことを考えると、大きなデメリットと言わざるをえない。



本当のところを明かすと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス




よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:海外移住の電子書籍を無料プレゼント中

3位:お茶会・食事会のお知らせ








本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事
電子書籍プレゼント

ページの先頭へ