タイの永住権の取得を避けた決定的な理由


タイの永住権を取得するメリットは、
今後の海外生活の予定を考えれば小さくはない。

実際、バンコクには早ければ来月から住もうと思っているし、
そのためにビザの手続きも行ってきた。

しかし、それは6ヶ月のマルチプルビザでスタートし、
タイランドイージーアクセスを取得するという形で
接続することを考慮している。


逆に言えば、永住権の取得は断念することにした。

将来の不安を取り除く保険としての意味で言えば、
永住権は心強い。

実際、フィリピンではクオータービザを取得したが、
その目的が、どんな時でも住める国を確保することだった。


では、これからバンコクに住もうとしているのだし、
タイでも永住権を取得すれば
さらに安定度が高まるのではないか?

そんな過程も当然に成立する。



しかし、取得条件を考慮すると、
割にあわないという印象をもたざるを得なかった。

まず、永住権取得に必要な条件として、
3年以上労働許可証を保持していることか
タイ人の配偶者がいることが挙げられている。

その上で、
日本人には年間100人の枠しか割り当てられていない。


ビザを取るために結婚するわけにはいかないので、
必然的に労働許可証を3年以上持つことを検討することになるが、
ここで1つ疑問が生じる。

仮に法人を設立するにしても、
3年以上労働許可証を保持しているということは、
就労ビザが取得できているということ。

つまり永住権を得るまでもなく、
タイに住める状態を構築できていることになる。

就労ビザよりは永住権の方が価値は大きいにしても、
住めるかどうかという視点から見れば同じ。

そもそも就労ビザの条件自体が厳しいタイにおいて、
法人設立はあまり魅力的な選択肢には見えない。

4人のタイ人スタッフを雇わなくてはいけなかったり、
抜き打ちでのチェックがあったり、
黒字化する必要があるので形式的な起業では足りなかったりと
低くないハードルがある。

今のビジネスをタイ法人で行ったところで、
現地スタッフにやってもらう仕事がない。

その状態を押し切って起業するのであれば、
永住権の取得条件を満たすというだけでは
インセンティブが足りない。


それなら投資ビザを取得するために、
すでに割高になりすぎている
バンコクやチェンマイの不動産の購入ではなく、
定期預金に資金を振り分けた方がいい。

あるいは50万バーツで購入できる
イージーアクセスを入手という手もある。

どちらにしても、
労働許可証の長期保有からの永住権取得というのは、
条件を考えても、実効性を考えても、
あまり魅力的な選択肢とは考えがたいものがある。



そもそもタイのビザはこの数年で
不安定に揺れ動いている。

エリートカードやイージーアクセスの廃止と復活、
6ヶ月の観光ビザの新設とダブルビザの廃止等。

3年後に永住権が今と同じ条件で
存続している保証もない。

現状でも魅力が不足しているのに、
こんなリスクまで背負う気にはとてもなれない。



そんなわけで、
永住権にこだわらないで
他のビザの取得を考えることになった。

とは言え、6ヶ月のマルチプル観光ビザも
取得が難しいと言われている上、
まだ新しいビザなので情報が不足気味。

しかも事前質問ができず、
大使館まで行かないと不明点を解消できない。


日本に住んでいない私としては、
わざわざ東京・目黒の大使館まで行くのも一苦労だし、
書類不備等があっても滞在期間中に
修正できるとは限らない。

そうなると、一時帰国が空振りに終わる可能性も。

向こう6ヶ月住める権利を持って
バンコクへのフライトを迎えることができるか、
いつもどおりビザなしでのバンコク入りになるのか?

今の段階では不透明なところだが、
結果次第でスワンナプーム国際空港のパスポートコントロールにて
大きな気分の違いが生じるのは間違いないだろう。

ひとまず向こう6ヶ月をバンコクで過ごせる権利があるのか、
30日以内に出国が必要かによって
その後の気持ちのゆとりも変わってくる。

ひとまず、6ヶ月の観光ビザが
無事に発給されれば次の展開はのんびり考えられるし、
そうなることを願っている。




PS.
目黒のタイ大使館は入り口が分かりづらいと
以前に目黒に住んでいた人から忠告をもらった。

地図上で見ても、
建物の位置は一目瞭然であるものの、
表通り側に入口があるのか、
細い道に面しているのかはっきりしない。

しかも大使館に行く前に事前予約が必要で、
その時間が過ぎてしまうと無効になってしまう。

午前10時から11時半までと
1時間半の間隔があるので大丈夫とは思うが、
念のため時間に余裕を持って到着した方がいいかもしれない。


なお、当日の予約はできないので、
時間に間に合わないと翌日以降に出直すことになるとのこと。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ