電子書籍プレゼント

ロンドンの地下鉄が狭い




久しぶりにロンドンの地下鉄に乗ってみて、まず最初に思ったのは、とにかく狭いということだった。

当然ながら平均的なイギリス人は、日本人に比べて体格が大きい。

乗る人が大きくて、なおかつ車内が狭いということで、妙に窮屈な感じがする。

しかも、空港から町中に出るまでは、荷物を持って移動することになるのでなおさら。

ドア近くに荷物を降ろしてずっと立っていたが、車内の中心部に行こうとしたら、かなり面倒な思いをしただろう。

向かい合っている席でも、ちょっと足を伸ばしたら向かい側の人と足が当たってしまいそうなぐらいの車内のサイズなので、その間に立っている人がいると、なおさら狭くなってしまう。

苦労してイギリスの永住権を取ったところで、ロンドンに移住したらこんなに狭い場所に押し込められて移動する日々を送ることになる。

コンパクトにまとめるというのは、それはそれで経済性の面でメリットはあるのだろうし、ロンドンの事情に合わせたものなのかもしれないが、日本の電車に乗り慣れていると、このサイズはかなり窮屈な印象を受ける。

これは、体が決して大きくはない、アジアの他の国の事情を考えても同じこと。

ロンドンは東南アジア諸国と比べても、特に地下鉄の車内が狭いという印象を受けた。

こういったことは、初めてロンドンに行った時には気付かなかったことだし、いくつかの国を周ってきたからこそわかったこと。

そういった意味では、経験が新しい発見をもたらしてくれた例といえる。

ちなみに、同じくイギリス人が入植して作った国であるオーストラリアの場合には、ここまで電車が狭いということはなかった。

この点はロンドンを見習わなかったのか、もしくは反面教師として使ったのかは定かではない。

地下鉄を作る場合であれば、地質等によってトンネルを掘る手間やコストも変わってくるし、安全面の問題もある。

そういった事情を考慮して、あえて小さい電車を作ったのか、それとも全く別の理由があるのか、その辺りのことについてはわざわざ調べるということはしていないが、機会があれば、少しリサーチしてみてもいいかもしれない。

それにしても、オイスターカードを購入しないと、切符代が倍近く割高になる制度は旅人には面倒。

二階建てのバスに関して言えば、ロンドンも決して他の国に比べて狭いわけでもないし、地下鉄のみが妙にサイズが小さいというのは、不思議な気がする。

そして、緻密な路線図は外国人を混乱させるが、頻繁に一部の駅が閉鎖されているのが困惑を加速させる。


ロンドン滞在は手短に

今回のロンドンは、それほど周りたい場所もなかったし、特別長く滞在したいと思うような要素もなかったので、テート・ブリテンやケンジントンガーデン、テムズ川を眺めて早々にダブリンに移動することにした。

ダブリンへの移動は、飛行機ではなく電車やフェリーを乗り継ぐ形で行うので、特に事前にチケットを取ったりとか、そういったことをする必要はない。

そこら辺はかなり自由な旅ということになる。

できれば今日のうちにビーフシチューやローストビーフのような、なにかしらイギリスらしい料理を食べて、それからダブリンに行きたいと思う。

ただし、フィッシュ・アンド・チップス以外で。

ダブリンに関して言えば、どのくらいの期間滞在するか、最初から決まっていて、ポルトガルに移動するための飛行機のチケットを取っているので、それに合わせて空港へ行くことになる。

その意味でいえば、ロンドンからダブリンに移動する日付が決まったことによって、必然的にダブリンの滞在日数も確定した。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事