電子書籍プレゼント

ボホール島のチョコレートヒルに行ってきた



セブからボホール島に移動し、パングラオ島で数日を過ごした後、ホテルからチョコレートヒル行きのツアーに参加してきた。

ボホール島では電車のような公共交通機関は走っていないので、行くのであれば車をチャーターするか、タクシーやトライシクル等を使うかという選択肢になる。

ホテルの間を移動している時にトライシクルを使ったら、チョコレートヒルを初めとして、ビーファームとか、ターシャというメガネザルを見ることができる場所とか、あるいは川のクルーズとか、そういったものを諸々含めて、1500ペソで約8時間回ってくれるという勧誘も受けた。

しかしながら、そのオファーはホテルに到着した段階でホテルのスタッフが断ったので、なし崩しになった。

ホテルで聞いたら、そのツアーの内容なら500ペソで参加できて、その他の入場料は約500ペソ別途でかかるということで、合計1000ペソちょっとで行くことができた。



まずはチョコレートヒルへ

朝8時に同じホテルに泊まっていた人と合計6名で出発をして、最初に向かったのがチョコレートヒル。

チョコレートヒルは世界遺産にも登録されている場所で、もこもことした丘がいくつも並んでいる。

その中の丘の一つに登り、一際高いところからチョコレートヒルを見下ろすことができた。

かなり目立つ地形になっているので、セブ発着の飛行機の便からも、上空から見ることができる場合がある。

おそらく、すべての便というわけではないらしく、一部の便のルートのみボホール島の上空を通るようだ。

私が乗っていた便でも、窓際で外を見ていたら、チョコレートヒルらしきものが見える場合と、そうでない場合と両方あった。

ここはとても独特な景観で、確かにボホール島の特有のものがあった。


チョコレートヒル以外にも見どころが

私にとってこの日のツアーは、チョコレートヒルがメインの場所で、それ以外はおまけという感じがしていた。

しかしながら、それ以外も意外にあなどれないものがあって、例えばマン・メイド・フォレスト(Man-Made Forest)、直訳すると、人口の熱帯雨林ということになるが、太古の昔から存在していたような神秘的な森になっていて、とても人口のものには見えなかった。

ランチは、リバークルーズをしながら、バイキング形式で食べるようになっていた。

この川は、アロナビーチの澄んだ海の水とは違って、とても濁っていて、よく言えば肥沃な大地を育んでいるようにも見えるし、悪く言えば泥川ということになる。

正直なところ、クルーズをして楽しそうな場所には見えなかったものの、しばらく乗っていると、周辺が自然が豊かな場所になっていくので、そういった風景を楽しむことができた。

途中で船着き場のようなところに着いて、そこには子供から老人まで含めてダンサーや歌を歌ってくれる催しがあったり、あるいは一家3人でその川で洗濯をしている人達を見ることができたりと、終わってみると大満足なクルーズになった。

食事はフィリピンの料理のため、あまり好みではなかったものの、そこまで癖が強いわけではなかったので、それなりに箸も進んだ。

ほとんど動くことのないターシャ、つまりメガネザルを見たりとか、大蛇に触れることのできるテーマパークに行ったりしている間に、だんだん雨が降ってきた。

どうも本来は他に1ヶ所か2ヶ所、どこか寄る予定があったようだが、雨足が強くなってきたということもあって、ドライバーからホテルに戻ってはどうかという提案があり、参加者全員が同意したので、そこで切り上げることになった。

何しろメインであるチョコレートヒルは午前中に見ることができていたし、ボホール島の中も色々と周ることができたので、十分すぎるほど満足のいく内容だった。


大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ