電子書籍プレゼント

パングラオ島の治安について現地を歩いて考えてみた



パングラオ島と隣接しているボホール島の治安に関しては、とても良好とガイドの人から聞いた。

日本人が一人で夜に歩いていても基本的には安全で、道に迷ったりしないように注意さえしておけば大丈夫ということだった。

ただし、中心部やアロナビーチを離れると、ほとんどタクシーも通りかからないので、道に迷うと本格的に戻ることが難しくなるので、その点だけは注意した方がいいとのこと。

あとはバイクに乗っていて、道が悪くなってそこで転ぶとか、そういった事故はあるので、もしバイクをレンタルして運転する場合には、気を付けるようにと言われた。

その後2週間ほどパングラオ島に滞在して、時折ボホール島にも足を運びながら暮らしているが、治安は話通り良好そのもの。

まず、基本的に怪しい人間が近づいてくることがない。

若干邪魔くさく感じるのは、バイクタクシーやトライシクルの客引きであるとか、翌日のアイランドホッピングに勧誘してくる人がいるという程度で、これもどこかの国のようにひどくしつこく付きまとってくることはない。

さらに言えば、こういった客引きが出没するエリアは、アロナビーチの近辺やフェリーターミナルのような限られたスポットのみなので、そこを歩いている時以外に誰かが寄ってくることはまずない。

マニラよりもセブの方がだいぶ安全な感じはするし、そのセブよりもパングラオ島やボホール島は、より安心して歩くことができる。

そういった意味で、何かの犯罪に巻き込まれそうになったとか、そういった思いをしたことは全くない。



治安面での唯一の不安材料

ひとつだけ懸念材料として残るのは、とにかくパングラオ島は野良犬が多いこと。

人間の面での治安がいいとはいえ、これだけ犬がいるとなると、彼らが安全なのかどうかは不安になる。

当然ながら噛まれれば狂犬病に感染するとか、そういった伝染病の危険性も否定できない。

基本的にパングラオ島の犬はおとなしいし、浜辺などでもぐったりと寝そべっている姿をよく見かける。

場合によってはホテルの敷地に入ってきて、定位置のようにして机の下で寝そべっている犬もいる。

こういった意味で言うと、危険度は低いようには見えるものの、一度だけ夜に野良犬に吠えられたことがある。

これはアロナビーチから戻る時の話で、ホテルがややビーチから離れていたところに位置していたので、暗がりを通ることになった。

そこで4匹の犬に吠えたてられた。

幸いなことに近くのお店の人が追い払ってくれたので、事なきを得ることができ、噛まれたりすることはなかったものの、かなりしつこく犬が吠えながら寄ってきて、しかもそれが4匹いっぺんにという状況だったので、かなり恐怖を覚えることになった。

パングラオ島で唯一危険を感じたのは、この野良犬の一件ぐらい。

ついでに言うと、この夜は、そこから50mほど行ったところで、3軒ほど民家が集まっているところがあり、そこにいた野良犬が再び吠えてくるということがあった。

この野良犬は、一定距離まで来たらそこでピタッと止まって、しばらくその場で吠え続けているだけだったが、どうもこの道を通るのはかなり怖くなってしまった。

それまでにも、その道は5往復ほどしたことがあって、野良犬に吠えたてられたのはその一度だけとは言え、本気で襲ってくるようなことがあれば大問題なので、その点については今後も懸念材料となってしまった。

もっとも、昼間であれば吠えてくることもなかったし、他の道を通ってアロナビーチまで行くことができるので、生活を脅かすほど大きな脅威となっているわけではない。

しかしながら、せっかくのんびりした治安のいい場所だと思っていたので、そういった心配の種が表れてしまったのは、残念なことだった。

もし仮に今後移住をするようなことがあって、家の近くに凶暴な野良犬がいたりすると、それはだいぶ厄介な問題になる。

パングラオ島は東南アジアの例にもれず、基本的に野良犬は放置する方針であるため、こういったところには注意する必要があるかもしれない。


本当のところを明かすと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ