電子書籍プレゼント

ジャカルタのホテルのインターネットの接続環境について



いま現在、ジャカルタで宿泊しているのが3つ目のホテル。

ここまでそれぞれのホテルでネットの接続環境において特徴があったので、ここでまとめておこうと思う。

まず一つ目がコタ地区のホテルで、ここは自室の中でも一応使えるものの時間帯によってかなり波があった。

それに対して1階のロビーに行くと、かなりスピードが早くなる傾向があった。

ただし、ロビーだからと言って24時間いつでも順調に使える訳でもなくて、一時的に電波が弱まる時間帯もあった。

二軒目のAston Rasunaがこれとは全く逆で、自分の部屋の中ではちゃんとWi-Fiが入るものの、ロビーに降りると極端に速度が遅くなる傾向があった。

さらに言うと、手違いでチェックアウトをしてから次のホテルの予約をする段取りになってしまったので、この時にはアゴダに接続をして翌日分のホテルを予約出来なくなるかと思った。

そして三軒目のAmbhara Hotel、いま現在泊まっているホテルに関しては、時間帯によって時々ネットが落ちるものの、基本的には常にかなりスピードが早い状態でネットが繋がっている。

今日の午後はスカイプで日本の担当者と打ち合わせもしたが、それについても特に問題がないくらいに音声がクリアだった。

ジャカルタに来てから三軒のホテルの中では今が一番安定しているしスピードが速いものの、それでも三泊している間に3回ほどネットに繋がらない時間帯があった。

このホテルは1階にあるバーの音がかなり入ってきてしまうので、昼間でも夜でも、断続的にそちらの音がうるさいという問題がある。

かつて2年前にジャカルタに来た時のことを考えても、ホテルのネット環境はかなり不安定だった。

コタ地区の別のホテルにおいては、部屋の中では一切ネットを使うことが出来ず、パソコンを使った仕事はロビーで友人たちと集まってやる合宿のようになった。

それ以外もジャカルタ中心部のホテルに泊まったところ、部屋の中ではWi-Fiを一切使うことが出来ず、ホテルの方で用意してあるパソコンの周辺でだけ使うことが出来たので、そちらで仕事を済ませた経験もある。



ホテル以外のWi-Fi環境

ブロックMの和食レストランであれば、Wi-Fiが使えるという表示がされている店も多いものの、実際のところ、いまの段階で無事に繋がったのは寿司屋のみ。

これは海宝丸という店で、それ以外では特にネットが繋がるレストランが見つかっていない。

いくつかカフェも探してみたものの、あまりWi-Fiにつながる店もなく、例外的にショッピングモールの中のカフェではWi-Fiが使える店が若干見当たったので、いざという場合にはそういったところでネットに繋げる。

実際、以前に使ったダンキンドーナツでは何の問題なくWi-Fiが繋がったので、街中で使える店を確保しておくのも、旅先でスムーズに仕事をしたり、仕事に穴を開けないためには必要な対策。


なお、ジャカルタのカフェはインドネシアの物価の安さの水準よりは割高。

クアラルンプールやバンコクと同程度の水準となっている。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事