電子書籍プレゼント

マカティの治安はフィリピンのイメージを壊す


今日はマカティの治安について。

マニラの中でも企業が集まる商業都市であり、
レガスピビレッジやサルセドビレッジといった
外国人居住エリアでもあり、 フィリピンを代表するモール、グリーンベルトや
和食レストランが集まるリトルトーキョーもこの地区にある。

私もフィリピンに移住してから、
このマカティに住んでいる。

マカティ


ここの特徴を一言で表すと、
この国の中でも異質な街。

全体として豊かな国ではないため、
フィリピンは一部の限られた地域の開発を優先している。

外国人が安心して住んだり働いたりできる環境を作ることで
国外から資金が流れる仕組みを作りたいため。


マニラの中なら、フォートボニファシオを含むグローバルシティや
マカティがこうしたエリアに該当する。

フィリピンはしたたかな国で、
このあたりの割り切りはきっぱりしている。

日本なら地方でも不便がないように、
たとえ離島でも最低限のインフラが維持できるようにと
平等意識を前提に考える。

一方、フィリピンはマカティのように
海外からお金を落としてもらえるエリアから
優先的に開発し、警備にも力を入れる。

なにしろ7,500以上の島で構成される国なので、
全体を同水準で開発していたら、らちが明かない。

それよりは首都マニラの中でも外国人エリアの治安を改善し、
ボラカイやセブ、エルニドのようなリゾート地も
同様に力を入れる。

特徴のない地域の開発は後回し。

こうした姿勢の徹底は新興国の強みで、
リソースを集中させるポイントを心得ている。

そのため、マカティやリゾートの地域は治安を徹底的に改善し、
街もきれいに整えられている。

そして外国人向けのレストランも集中する。

実際、マカティにはグリーンベルトやグロリエッタといった
ショッピングモールに高級ブランドも含めて
様々な店が出店している。

グリーンベルトの様子
グリーンベルト
レストラン
TWG

では、実際に住んでみるとマカティの治安はどうなのか?

これは完全に安心して住めるレベル。

たとえば、パソコン等を持って歩いても緊張しない。

すでに半年以上住んでいるが、
怖い目にあったことが一度もない。

このエリアに限定して言えば、
2年住んだマレーシアよりも安全な印象がある。

もちろん、国としてはマレーシアの方が
フィリピンよりは相対的に安全。

マレーシアも手放しに安全とは到底言えないが、
それにも劣るほどフィリピンは治安が悪いエリアも多い。

たとえば、同じマニラでもマニラ湾に近いマラテ地区は
昼間に歩いているだけで警戒を怠れなかった。

のんきにスマホで写真を撮っていたら、
ひったくりやスリに狙われそうな予感しかなかった。

地域による格差が大きいのがフィリピンのため、
旅行にしても移住にしても、
行き先によって安心感が変わってくる。



マニラならマカティとグローバルシティが
日本人を含む外国人が多く住むエリア。

それ以外の場所に住むというのはかなりレアだし、
危険なエリアに住むというのはそもそも特殊な話。

そうした日本人もいないわけではないようだが、
あくまで例外的な存在でしかない。


旅行について言えば、
マニラだとイントラムロスやモール・オブ・アジアに行く人も多い。

モール・オブ・アジアは巨大ショッピングモールで、
安全面でも特に危険ということはない。

スリや置き引きには気をつけた方がいいが、
マニラの街中よりはむしろ安全。

一方、イントラムロスは子供のスリ集団の報告もあるし、
あやしげなトライシクルの勧誘も絶えない。

イントラムロス

サンチャゴ要塞とマニラ大聖堂は目と鼻の先だが、
土地勘のない観光客をカモにして
高額料金を出発時にふっかけ、
あまりの距離の短さに乗客が抗議するケースもある。

たしかに、場所が分からなければ、
それなりに離れた場所に合わせた料金だと
誤解することもあるだろう。

また、馬車も見かけるが、
「馬と一緒に写真を撮りなよ」
と気さくに話しかけてきたりする。

撮影後はもちろんしつこくチップを要求してくるし、
悪い意味でのフィリピンらしさを味わうことになる。

イントラムロスでは、
関わりたくない相手にはむやみに反応しない方が得策。

スペイン統治時代の面影が残る観光地だが、
それだけに観光客を狙った人が集まる場所でもある。

このあたりはマカティとは雰囲気も大きく違う。

なお、イントラムロスには移民局本部があるため、
ビザの手続きのついでに観光をすることもできる。

渋滞のひどいマニラでは移動も大変なので、
何かのついでに用事を済ませられるなら、
移動の手間を軽減できる。

マカティからイントラムロスまで
タクシーで片道1時間以上かかることはざらなので、
なかなかの負担。


マカティについては治安はいいし、
夜に一人歩きをしていても危ない目にあったりしたこともない。

この街が住みやすい理由の1つは
安全であるということがある。



大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:海外移住の電子書籍を無料プレゼント中

3位:お茶会・食事会のお知らせ








本当に伝えたかったこと





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事
電子書籍プレゼント

ページの先頭へ