電子書籍プレゼント

ニューヨークに移住してからの保険はこうしている



※以下はニューヨーク在住の鈴本さんからの投稿

ニューヨークに移住した後は保険が心配の種の1つだと思います。

というのも、アメリカは日本と違って税金から払われる保険の制度が整っていないので、自分できちんと保険に入っておく必要があります。

それで、留学であれば、だいたい大学自体がキャンパス保険というものを持っています。

私は今、その大学のキャンパス保険に加入しています。

キャンパス保険は同じニューヨークでも大学によって全然内容が異なるんですけれども、私のものは、死亡した場合、怪我をした場合、病気になった場合、入院した場合など、全てカバーされるようになっています。

年間で約800ドル、8万円ほどですので、すごく安い保険です。

というのも、アメリカの大学のキャンパス保険は、特に1年しかいない交換留学生については、掛け捨て保険です。

また、大学のキャンパス保険に入っている人でも、日本のAIUの海外旅行保険や、海外留学保険などにも入る人が多いです。

私はそちらには入っていないんですけれども、この海外留学保険なんかに入ると、もちろん死亡保険ももとより、たとえばアメリカに滞在中に家族の誰かが日本で亡くなった時に、日本に帰る際の渡航費なんかも出してくれるそうです。

ただ、大学のキャンパス保険に比べると値段が高いですので、本当にそれが必要かどうか見極めて、加入した方がいいかとは思います。

また、ニューヨークの私の友人なんですけれども、日本からアメリカに渡るその2日間、多く見積もって2日間だと思うんですけれども、その渡航の時にだけAIUの海外旅行保険に入った人がいます。

というのも、大学キャンパス保険はキャンパス内でしか適用されないので、アメリカに行く途中、またはアメリカから日本に帰る途中に、もしもトラブルに巻き込まれた場合、キャンパス保険が効かないということが起きてしまうんですね。

ですので、キャンパス保険がカバーできない時にだけ、AIUの海外旅行保険に入る方法を取る人も多いです。

私もよく、旅行に行く時には、オンラインでAIUの海外旅行保険に入るんですけれども、自分で日にちも設定できますし、オンラインで加入することができます。

すごく便利ですし、難しい手続きもないので、自分がいく大学のキャンパス保険の制度がどれほどのものか確認して、きちんとカバーされるのであれば、キャンパス内にいない時だけ日本の海外旅行保険に入っておくなど工夫をして保険制度を選んだらいいかなと思います。

ただ、必ず保険には入らないといけません。

というのも、アメリカは本当に医療費が高いので、例えば、救急車を呼ぶのでも、30万円ぐらいかかると聞いたことがあります。

例えば、ニューヨークで自分がただ気を失って、周りが勝手に救急車を呼んだだけで、後で30万円請求されても払えないと思うので、何かしらの形で、必ず保険は入っておいた方がいいです。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、

現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、

自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは

限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、

詳しくは以下の案内をどうぞ。


取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事