電子書籍プレゼント

HSBCのセキュリティーデバイスがたびたび送られてきて困る



今のところ、4つの国にHSBCのプレミア口座を保有しているが、国によってセキュリティーデバイスを送ってくる頻度が大きく違う。

シンガポールとフィリピンは、最初の1回だけだったし、マレーシアは1回新しいものに変わった。

もっとも頻繁にセキュリティーデバイスを送ってくるのがHSBC香港で、最初に作ったものの他に、これまで3個新しいものが送られてきた。

期間としては約2年間なので、1年に1個以上のペースということになる。

これが特に予告もなく送られてくる上に、事後報告等もないので、気付かなかった場合にとても困る。

新しいセキュリティーデバイスがないということは、送金等の手続きができなくなることになるし、ネットバンキングにログインすらできなくなったこともあった。

とはいえ、自宅にセキュリティーデバイスが送られてくる場合には、そこまで大きな問題が起こることはないと思う。


セキュリティデバイスの受け取りに関する問題

自宅を持たずにホテル暮らしをしていると、荷物の預かり先としてお願いしているところに届くだけで、中身まではいちいち開封してもらっていないため、HSBC香港からセキュリティーデバイスが届いたということすらわからない。

一度新しいものが届いた時に、古いセキュリティーデバイスと新しいものとで、それぞれPINナンバーを打ち込み、古いセキュリティーデバイスから新しいセキュリティーデバイスに移行するという作業を行った。

その後荷物にもなるので、古いセキュリティーデバイスは物理的に破壊して破棄したが、その後にネットバンキングにログインできなくなった時には、セキュリティーデバイスに何か問題があるという表示がされていたこともあって、破壊した先代のセキュリティーデバイスがないといけないのかと思った。

実際、ネットバンキングの画面で、古いセキュリティーデバイスと新しいセキュリティーデバイスで、それぞれPINナンバーを打ち込むようにという指示があり、その時には、初代と2代目のセキュリティーデバイスしか持っていないという認識だった。

しかしながら、確認してみると、新しい物が届いていたようで、しかも何故か3代目と4代目の物が、数ヶ月の間に次々に送られてきていた。

HSBC香港のカスタマーサポートにも連絡をしてみたが、遅々として話が進まず、新しい物が送られてきたという説明は一度も受けられなかったし、結局自分で気付いて、荷物の預かり先に確認を取るまでは、ネットバンキングにアクセスできない原因すらわからなかった。

確かに、安全性の確保というのは、銀行の取引において必須条件だし、この部分が脅かされるのが致命的なことは間違いない。

しかしながら、ここまで頻繁にセキュリティーデバイスが更新されるのも、それはそれで不便な話で、何だか不合理な気がする。

電池切れ等の問題もあるので、何年も同じ物を使えないのは納得がいくが、せめて1年半に1回とか、そのくらいのペースでの更新にしてほしいし、メール等で予め周知をしてくれるだけでも、随分と助かるはず。

とりあえず現在は、無事にHSBC香港のネットバンキングにも接続できるようになったので一安心しているが、今後も同じ問題に繰り返し遭遇しそうな予感はする。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






この記事に関連する記事一覧

取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事