電子書籍プレゼント

HSBCの口座開設は非居住者でも出来る国と出来ない国がある



一言でHSBCの銀行開設といっても、国によってルールは様々で、非居住者でも問題がない国もあれば、特別な理由がない限りでは断られることもある。

例えば、有名どころである香港の場合は、非居住者であっても口座開設が出来る反面で、時々審査が非常に厳しくなる時期があり、その時にはある程度の語学力がないと断られる場合がある。

もっとも、コネのある口座サポートの会社に依頼しておけば、付き合いのある担当者がある程度手心を加えてくれるというか、甘目の審査をしてくれるという実態もある。

そして、HSBC香港の口座開設の審査の基準については、時期によってかなり波があるので、そこら辺の事情も含めて英語や中国語に自信がない場合は、タイミングを見て考える必要がある。


HSBCマレーシアの場合

続いて、マレーシアの場合を見てみると、この国は原則として非居住者は口座開設が出来ない。

これはHSBCに限った話ではない。

しかしながら、マレーシアもかなりいい加減な国で、ある程度有力な人からの紹介があると口座開設が可能だったりする。

実際私自身も、RHBバンクという地銀系の銀行で、その方法により口座を開設できた。

それ以外にも、不動産の購入であるとか、リタイアメントビザ(MM2Hビザ)の取得の際に定期預金が必要なので、そういった事情があればHSBCマレーシアの口座開設は可能。

原則として非居住者の場合、もしくはマレーシア在住者であっても現地で働いていない場合には、口座を開けないのが一応の原則論。


HSBC USAの場合

HSBC USAでも口座開設をして、PayPalからの送金をスムーズにしようかと思ったことがあるが、こちらはビザがないと駄目ということだった。

ここで言うビザというのは、ESTAのことではなくて、学生ビザやワーキングビザがないと現地に行っても却下される。

私自身、フィラデルフィアのHSBC USAに足を運んだが、噂通りダメだった。


HSBCシンガポールの場合

再びアジアに目を戻してみると、シンガポールの場合は非居住者でも問題なく口座開設ができるし、これまで色々な国の銀行に行ってみた中でも、もっとも簡単に口座を開設することができたイメージがある。

もっとも、すでにホームアカウントとしてHSBCマレーシアに口座を持っていたことと、香港にも口座開設済みだったこともあるので、シンガポールで初めてHSBCをの口座を持とうと思う場合には、勝手が違ってくる可能性は十分にあり得る。


HSBCフィリピンの場合

最後にフィリピンについても見ておくと、この国においては原則として、非居住者の口座開設は不可。

私もフィリピンに移住した当初、HSBCフィリピンの支店を訪れ口座を開設しようとしたが、住所証明がないと駄目だという話だった。

まだ移住しようと思い、コンドミニアムを探しているところだったので、住所証明になる書類は何一つとして手元になく、結局小切手が使えないということで、12ヶ月分の家賃を前払いすることになった。

その後に口座を開くことができたものの、結局あまり役に立たなかったという事実がある。

さらに言うと、HSBCフィリピンは手続きにおいてミスも多いので、メトロバンクとか、RCBCバンクとか、BDO銀行のような大手の地銀に任せた方が安心かもしれない。

同じHSBCの名称を使っていても、国によってその体制はかなりばらつきがあるのが実際で、世界中で同一水準のサービスを受けられるとは期待しない方が賢明なところ。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






この記事に関連する記事一覧

取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事