国際送金の日数を短縮する方法


マレーシアで生活するようになって、日本からお金を出すために国際送金をするのだが、日数がかかると面倒なので、早くに済ませたい。

普段使うお金ぐらいなら、ATMで引き出すことができる。私は楽天キャッシュカードを使って、マレーシアのATMから引き出していた。VISA+のマークが付いているATMなら、どの銀行ATMでも問題ない。

この方法なら、そもそも国際送金の手間もかからないし、日数というか、時間もその場で終わる。

マレーシア移住直後には重宝していたが、為替手数料は割高になるので、今では使わなくなった。



今行なっているのは、Payforexという国際送金サービスを利用する方法。翌日には指定したHSBCの口座に届いていたりするので、日数も短くて済む。

ただし、土日をはさむと遅くなるため、いわゆる営業日じゃない場合には日数が増えることになる。もっとも、これは日本の銀行間で振り込んだ時も同様なので、国際送金として考えると優秀な結果だと思っている。

日数で言うと、国内での振込みに準じた形で国際送金できるので、時間がかかってストレスになることがない。投資の場合には、振込期限もあるので、これは助かっている。あまり早いうちに用を済ます習慣のない私にとってはなおさらだ(苦笑)

以前に使っていた国際送金の方法だと、ニュージーランド系の銀行を利用して10営業日以内というものがあった。さすがに、これは使い勝手が悪すぎ、今では使っていない。

なお、日本国内の銀行からも国際送金はできるが、窓口にいかなければいけない上、送金目的の開示や証明書の提出を求められたりするため、手間がかかって、着金までの日数も不確定要素が多い。海外居住者の私にとっては、とても使う気にならない方法だ。




秘密の話

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ