イスラエルに移住して日本人が仕事をしていく上での現実


※以下はエルサレム移住者の読者さんからの投稿

やっぱり、イスラエル移住後の仕事の面で現実的に難しいの、は第一に労働ビザの取得ですね。

外国人がイスラエルで働けるようにする為には、労働ビザが必ず必要なんですけど、勤め先の会社なり企業なり、私の場合だと芸術関係の劇場なんですけど、そういう場所から直接労働ビザを下ろしてもらえるという事は中々ないんですね。

やはり、かなり手続きが大変なのと、税金だったりなんなりと手間がかかるようで、それをする位なら外国人を雇うよりは、イスラエル人を雇った方が簡単だというところがあるので、それらの理由で仕事を日本人が得るのはハードルは高いですね。

わざわざ面倒な手間を掛けて外国人を雇いたいかと言えば、そういう判断をしてくれる起業は少ないです。雇い主の立場で考えれば、あいにくなことに無理もない話です。

ただ、企業や会社から出るような労働ビザ以外に、働けるビザを取れる方法がありまして、また、これは他の質問のところでお答えできればなと思うんですけど、私の知る限りこちらに住んでいる日本人の方は、この方法でビザを取得して働いている方が多いです。

後は言語の問題ですけど、一応イスラエルは母国語としてはヘブライ語を使っているのですが、大きい都市、テルアビブやエルサレムになりますと英語も通じますし、私の場合ですと劇場で働いているんですが、私のように海外から来るアーティストが多いので、主で話されるものは大体英語ですね。

ただ、郊外の方に出ると、やっぱりヘブライ語しか通じないところがあるんで、移住する、特に仕事もするとなれば、言語としては土地によりけりですけど、英語、ヘブライ語は必須でしょうかね。

イスラエルに移住するための具体的な方法・準備

イスラエルに移住するための準備は、そうですね、この国に住んでいる日本人を何人か知っていますけど、それぞれかなり異なった方法で、この国に住んでいます。

そのため、これというものはないですけど、私の回りですとアーティスト、ダンサーやアクター、ミュージシャンなんかが多いので、そういった秀でたものがある人は、そのままカンパニーに雇われてっていう人もいますし、私のようにスカラシップを取って、この国に一年なり半年なり基礎、基盤を作ってから仕事をしだして、住んでいくっていう人もいます。

それこそイスラエル人の方と結婚をしたり、カップルになってそのままこちらに来たっていう人もいますし、後は宗教的なもので、クリスチャンの方だったり、ジューイッシュの方も時々見ますけど、中々無いですね。

ちなみに、ジューイッシュというのは、ざっくりした表現ではユダヤ教徒の方々のことです。イスラム教徒がムスリムと呼ばれるのと、同じような感じですね。厳密にはジューイッシュとユダヤ教徒はイコールではないようですが、ほぼ同じということになります。

主にキリスト教の方なんかは、イスラエルの中でもエルサレムは聖地である、この場所に住みたいという事で移住して住んでたりはしますが、それぞれの具体的な方法というのは、本当に人それぞれ違ってます。

言語とビザの問題さえクリア出来ればいいと思うんですが、ビザに関してもその国で働くというわけではなく、学ぶのであれば学生ビザでも良いですし、コミュニケーションが取れれば、この国に住む事は可能だと思いますね。

危険地帯としてニュースで取り上げられる機会の多いのがこのイスラエルという国ですし、実際に警報のようなものが発令されることもあります。ただ、実際に移住してできないことはないですし、実際にこうして暮らすことができています。

ただ、優雅に海外生活を送るというイメージとはまったく違うのは事実ですし、一度移住前に試しに来てみるのもいいと思います。カオスな部分もあって、好き嫌いは分かれますからね。




メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ