気楽に生きるために、これからの日本人に必要なこと


私は気楽に生きることができてうらやましいと、
他人に言われることがある。

否定はしない。

私は人間関係に悩むことがほとんどないし、
リストラや会社の倒産も心配しない。

自分でビジネスを行っているし、
複数の収入源があるので同時に全滅は考えがたいので。


住む場所も自由なため、
突然海外移住を実行したり、
ホテルを転々としながら非定住生活を始めたりもしている。

仕事はホテルやカフェで行えるため、
特に出勤という毎日の日課もない。

スーツなんてサラリーマン生活を抜けだして以来、
一度も袖を通していないし、
そもそも処分してしまった。



こうして見ると、
気楽に生きるということで言えば条件に当てはまっている。

ただ、自然にそうした環境が降って湧いたわけではないし、
単純に性格が楽天的だったということもない。

むしろ私は悲観的ですらある。


そんな私が気楽に生きていられるのは、
環境づくりを優先してきたから。

たとえば、私の友人達は就職後、
その会社での勤務とプライベートのバランスを取っていた。

正社員ではなく、フリーターになった友人もいる。

それぞれに所得や仕事の負荷は違うものの、
今の状態から抜け出す努力はしていなかった。

現状の継続を、少なくても行動の上では肯定していた。



私はサラリーマンになってから、
強烈な初期衝動を持って副業を始めた。

気楽どころか、切羽詰まっていた。

直属の上司が部下つぶしで有名なパワハラ上司だったので、
毎日が分かりやすくつらかったため。



結局、会社を去るまでに副業で結果が出始めたし、
それを本業にする形で独立した。

たしかにその後は気楽に生きているものの、
サラリーマン時代の2年間は過酷だった。

休日はとにかく副業を進めるだけで終わっていたし、
平日のストレスで遊びに行く気力もなかった。

そして、サラリーマンとしての勤務中は、
精神的に削られながらも上司の恫喝に耐えて身を潜めて過ごしていた。



独立後、社員時代とは比べ物にならないほど
気楽な生活が待っていた。

もう人間関係に悩む必要がない。

上司なんて存在しないし、同僚すらいない。

取引先や顧客との直接的な関係すら持たない形で、
最初は仕事をしていた。

3年ぐらいはその状態だったので、
良くも悪くも仕事上の人間関係はなかった。

ストレスもないし、刺激や学びもない状態。

退屈になったので今では状況を少し変えたものの、
面倒な取引先や顧客はすぐに切れる状態は維持している。



そして、マレーシアに移住したのをきっかけに、
海外に住める権利にも注目するようになった。

フラフラと気楽に引っ越しているように見えて、
実際はビザの問題をクリアしないと住み着けないという課題を
私もクリアしている。

その過程で、日本以外に住むための基盤を無視できなくなった。



結果、マレーシアでMM2H(リタイアメントビザ)を、
フィリピンでクオータービザ(永住権)を取った。

特にクオータービザは大きな意味を持っている。

MM2Hとは違い効力が続くことが予想されるので、
これでいつでもフィリピンに引っ越せる。

取得前に1年マニラに住んでみて、
居心地のいい国なのは判明している。

日本に戻りたくなくて、
他に住める国がなくなっても大丈夫になった。

再び原発の問題等が生じる可能性を危惧するのは、
あながち杞憂とは言えない。

そんな思いがあった。



クオータービザと、ついでにMM2Hによって守りを固め、
現在は気ままに各国を渡り歩いている。

気楽に生きていると言っても、
その裏で人とは違う準備をしてきた。

このような環境づくりをしてきた日本人は、
ごく一握りのはず。

結局、性格や偶然が結果を生んだわけではなく、
準備の仕方が違ったという部分が大きい。



そして、今後日本人に求められるものとして、
収入の分散や居住地の確保が挙げられる。

というのも、リストラされたら路頭に迷うとか、
そういう状態では終身雇用の崩壊した現状では
綱渡りのようなもの。

安定感がまったくない。



また、3.11の件でも露呈したように、
日本がいつまでも環境のいい国である保証はない。

その時に住める国を国際的な信用力の高い今のうちに
確保しておくのは重要な選択になる。

日本が住みづらくなるような事態が起これば、
国際的な日本人の評価は落ちる。

その状態でビザを取得するのは困難になる可能性がある。

それまでの間が勝負だし、
各国のビザの取得が難しくなっていく以上、
行動は早いにこしたことはない。



気楽に生きるというのは、
盲目的に毎日を過ごすということではなく、
リスク管理をしっかり行った結果であるべきだと私は思う。

日本人の大部分が人生に安心を得られない以上、
他人と同じことをしているだけでは不十分。

違う行動を取ることによるリスクは、
得られたメリットに比べれば微々たるものだった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ