二泊三日のクアラルンプールでは健康的なホテル暮らしを目指してみた




今回は、セブからバンコクに行くためのトランジットとして、二泊だけクアラルンプールに泊まることにした。

できれば、もうここには宿泊したくないと思っていたが、航空券の関係でそうもいかず、仕方がないので最短となる二泊だけすることにした。

どう考えても、セブ島やバンコクの方が居心地がいいので、そちらに長居した方がよかったのだが、フィリピンエアーを使って30時間以上かけ、乗り継ぎで移動するわけにもいかないので、このような妥協をした。

当初は、メダントゥワンクという駅の近くにホテルを取ったつもりだったし、その辺りというのは、行ったことのないショッピングモールもあったので、そこで食事をとろうかと思っていたが、ホテルの地図が間違っていただけで、実は泊まりなれたインビ駅の近くであることがわかり、この辺りはもう開拓したいような飲食店もないし、正直あまり美味しいところもないので、いかに健康的に日々を過ごすかということを重視することにした。

朝食に関して言うと、ホテルが提供しているので、そこで食べることにした。

インビ駅やブキビンタンエリアまでは、歩いてかなりの距離があるので、そこまで出向くのはあまり気が進まなかったこともあり、そこまで美味しい朝食というわけでもなかったが、とりあえずは助かった。

そして昼食は、ジャランアローで鶏がらスープと野菜炒めを食べた。

相変わらず排気ガスがひどいので、歩いていても健康的という感じがしない。

むしろ肺がやられそうなので、あまり出歩きたくないと思うような場所。

夕食の時にも、わざわざ町中まで出てくるのが嫌になったので、そこから少し足を延ばして、ブキビンタンの交差点の地下にある伊勢丹に行ってきた。

ここには日本風のお惣菜も売られていて、ひじきにきんぴらごぼう、そして納豆2パック買ってきた。

さらにそのほかにも、ナッツであるとか、果物も購入した。

これをホテルに持ち帰り、冷蔵庫に入れ替えて、夕食と翌日の昼食にした。

納豆というのは、日本に住んでいれば簡単に手に入るが、海外にいるとなかなかそうもいかない。

クアラルンプールのように、日本人がある程度住んでいる場所であれば購入することはできるが、金額は日本で100円ぐらいのものが300円ぐらいとあまり安くはない。

それでもせっかくの機会だったので、納豆や日本の健康的なお惣菜を買ってきて、ホテルで夜は済ますことにした。

そして翌日は、バンコクに向けて旅立つため、12時のチェックアウト直前までに、部屋を出ればよかった。

ここでも軽く納豆を食べて、それで食事を済ませることにした。

途中で何かを食べていくということも考えたが、どうもクアラルンプールというのは、食事がイマイチだし、もう面倒だったので、基本的に余計なところに寄らないでいいようにした。

夕方になれば、バンコクに到着するし、食べることの楽しみはそちらにとっておけばいい。

あんこと生クリームと抹茶アイスの入った和風クレープも食べられるし、本格的な鯖の味噌煮定食とか、美味しい刺身定食とか、そういった和食もある。

もちろんそれ以外にも、タイスキであるとか、様々な食べる喜びがある町なので、クアラルンプールにいる間は、ひたすら心を押し殺し、バンコク入りの時が満ちるのをまった。

こうして二泊三日のクアラルンプールでの滞在は終え、特に観光するわけでもなく、ただ単にトランジットとして、48時間に満たない旅は終わった。


ページの先頭へ