マレーシア暮らしが2年を過ぎて分かった海外移住の現実




下見もなしで、海外移住先として人気No.1のマレーシアに住んで2年。

東南アジアに来たのもその時が初めてだったし、
海外旅行も一度しか行ったことがなかったので不安だった。

まさか自分が日本以外の国に住むとは思わなかったし、
思いつきでマレーシアに引っ越してきたようなものだったので、なおさら。


失敗というほどではないが、
来る前のイメージと今では、やはり多くの違いがある。

2年という節目でもあるし、これまでの経験を振り返って
良い部分も失敗した部分も含めて、海外移住の現実をお伝えしようと思う。


移住手続きは簡単


海外で暮らすというのは大きな決断を伴うものの、
あっけないほどに手続きは簡単に終わってしまった。

もう少し面倒でもいいのではないかと思うぐらい。

具体的には、まず住んでいる市区町村の役所に行く。

そこで海外移住する旨を申告すれば、
住民票を抜く・健康保険を終了させる・住民税の
3つの手続きをすることになる。

私の場合、所要時間は1時間半ほど。

複数窓口ではあったが、市役所の中ですべて完了した。



移住先では、日本領事館で在留届を出すだけ。

もっとも、そのことを知らなかったため、
1年半ほど住んでからの提出になってしまったが、
特に何も言われなかった。

この在留届の件がマレーシアへの移住手続きの唯一の失敗だが、
実害はなかったという意味では
特に気にするほどのものでもないだろう。


これだけで移住手続きは完了した。

手間としては国内で引っ越すのと変わらない。


治安は思ったよりいいが・・・


マレーシアの治安はどうなのか?

見た感じ、裏通りは危険な雰囲気がある。

ただ、怪しい所に行かない限り、ほとんど危険に遭遇することはない。

強盗や盗難もそれほど耳にすることはない。


一度だけ、住んでいるコンドミニアムの前で
ノコギリらしき刃物を持ったインド系の男が逃げているのを見かけたが、
5分とたたずに警察に逮捕されていた。

ゴルフクラブを持った3人に追われていたので、
強盗か何かで失敗したのだろう。

その後、最初に刃物を持った男が警官に拘束され、
後を追っていた中国系の男達はそれを取り囲んでいた。


日本ほど治安が良くないのは事実としても、
ビクビクして暮らす必要があるほど危険なわけではない。

海外で使うカバンはたすきがけがよく推奨されるが、
私が使っているのは片手で持つタイプ。

移住当初はたすきがけ型のカバンだったが、
現地を見てその必要はないと判断した。

それでもひったくりに合ったことはない。


コンドミニアムに住んでいれば、
警備員もいるので住居は安全。

こうした意味でも安心して暮らせる。


思ったほど英語は上達しなかった


日本に住んでいた頃、英語を使うことはなかった。

特にそういった仕事に就いていたわけでもない。

移住してきた当初は英語を使うことが不安だったが、
それでも挨拶や店での注文ぐらいはできるもの。

そして、大きな失敗をすることもなく、徐々に慣れていく。


マレーシアの人々も片言の英語なので、
お互いに片言同士で気楽にコミュニケーションができる。

そして、使い慣れない英語を使ってみることによって、
最初のうちは英語力が上がっているような実感があった。

言葉を知っているのと、使ってみるのでは違う。

体験してみる事でスムーズに言葉が出るようになる。

言い回しを失敗しても、
ただ伝わらないだけで言い直せばいいので、
特にダメージらしきダメージもなく学習できる。


しかし、そこから先の進歩はなかった。

2年たった今でも片言の英語しか話せない。

と言うよりも、日常会話もままならない。


単純に海外に住めば英語が話せるほど甘くないことを、
身をもって証明した形。

英語を覚えたければ、やはりそれなりの努力を要する。


住んでるだけで外国人の友人はできない

スマホで撮影中の友人同士
人見知りな性格もあいまって、外国人の友人はできていない。

よく行くカフェの店員さんと話したりすることはあるが、
プライベートでの付き合いまではない。

仕事もネットを介して行なっているので、
(そもそも誰とも会わずに私の仕事は完結する)
マレーシアで人と仕事をすることはない。

仕事上の接点はなく、30代で学校にももちろん通っていないので、
特に親しくなる機会があるわけでもなく、
多国籍な人間関係に恵まれることはなかった。

やはり海外で友人を作るというのは難しい。

日本で人見知りなのであれば、なおさらだろう。


高校で1人も友達がいなかった私が、
いきなり社交的になるのは無理な話。

特にそのへんは不便もないので気にしてはいない。


文化の違いは体感できるが・・・


マレーシアは多民族・他宗教国家。

その関係で、年中何かの行事をしている。

街中で札を燃やしていたり、音楽が鳴り響いていたり、
龍の着ぐるみで踊っていたり。


最初は驚きと共に熱心に眺めていたが、
慣れてくると無関心になってきた。

正直、あまり関係ないし。

大きなプラス要素もなければ、困るような失敗もなかった。

メリットもデメリットも大して存在しないのが実際のところ。



自分で仕事をしているので祝日も関係ない。

レストランが混んでいるのを見て、
今日は祝日らしいと気づく程度。


普通に暮らしているだけでは、
その国の文化に精通するのは難しいかもしれない。

ただし、生活してるだけでも肌で感じるぐらいはできるし、
それだけでも異文化への理解は深まっている。

語れるほどに詳しくなるわけではないにしても、
他の民族の行事に反応しなくなる程度には慣れる。


マレーシアの食事は日本人に合う


マレーシアに来て驚いたこと。

それはマレーシア料理が美味しいという事実。

私も気に入ったし、移住仲間や旅行で訪れた人も同じ事を言う。


ただし、当初の判断に失敗もあり、
最初は良くてもローカルフードには飽きも来る。

私の場合には半年ほどだった。

最近は日本食や洋食ばかり食べている。


日本食レストランは徒歩圏内だけでも3軒。

どれも日本人が納得できるレベルなので、特に不便はしていない。

海外での日本食はもっと冗談みたいなものが出てくると思っていたが、
現実はそうでもなかった。

もちろん洋食系のメニューも日本とほぼ同じだし、
本格的なイタリアンの店もある。

食べるのにはまったく困らない。


一度移住すればハードルは大きく下がる


マレーシアに移住してきて2年が過ぎ、
次はフィリピンに移住することに決めた。

初めての移住となったマレーシアの時と比べると、
まったく心理的ハードルが違う。

暗闇の中に駆け込むような怖さがあったマレーシア移住に対し、
フィリピンに行くのは安心感がある。


どちらも下見なしであるのは共通だが、
海外に住む経験をし、東南アジア各国を回った今、
初めて訪れるフィリピンに住むのも不安ではなくなった。

むしろ、今後は様々な国に住むことを予定している。


荷物を整理し、手荷物だけで移住する形にすれば、
常に身軽でいられる。

そんなライフスタイルが、一回の移住で身近な現実になった。



移住にはメリットもデメリットもある。

ただ、それら全てを含めて考えた上で、
当面は日本で暮らすことはないという結論に至った。

マレーシアからフィリピン、そしてまた別の国へ。

転々としながら暮らしていくという生活が
今の私には最適なものだと思っている。


そして、海外移住が難しいかどうかと聞かれれば、
「最初の一歩を踏み出せば、あとは難しくない」と答えたい。



本音を言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ