クアラルンプール移住を後回しにした理由




クアラルンプールへの移住は、その気になればすぐにできる。

同じマレーシアのジョホールバルに2年以上住み、
MM2Hという永住権に近い性質のビザも取得した。

ジョホールバルに飽きて去ることにした段階で、
当然ながらクアラルンプールも候補の1つになるにはなった。

残念ながら有力候補ではなかったが・・・。



というのも、フィリピン・マニラに行くほうが
ずっと魅力的に思えたから。

単純にマレーシアの中で引っ越しをしたところで
限界があるということも感じていた。

移住とは関係なくクアラルンプールには何度も行っていたし、
その雰囲気もつかめていた。

ジョホールバルとは違い、確かに都会。

しかし、どこも中途半端。



マレーシアという国は東南アジアの中でも比較的豊かで、
国全体がそこそこ発展している。

そのため、全体がぼんやりと発展している。


これに対し、フィリピンは小さな島が多い上に発展度もまだまだ。

全体を開発するほどの力はないため、
一点突破(実際には数点突破)で局地的な開発をしている。

結果、外国人居住エリア限定で見た場合、
同じ首都でもマレーシアのクアラルンプールよりも
フィリピンのマニラの一部、マカティ・グローバルシティの方が
住みやすいという結論に至った。



私はマカティに移住したのだが、
徒歩圏ですべての用事が住む。

別にマニラに住んでいるからと言って
わざわざ治安の悪い場所に出向く機会はないし、
マカティにいれば安全で快適そのもの。

このレベルの場所がクアラルンプールにあるかどうかというと
かなり疑問視せざるをえない。

全体としてそこそこな街でも、
結局はそこそこ止まりという側面も持っているので。


そんなわけで、ジョホールバルの後には
クアラルンプールではなくマニラに移住した。



ただ、私は永住する場所を求めているわけではないので、
いずれはMM2Hを利用できるマレーシアに
再び住むことはあると思う。

その時の候補はクアラルンプールとペナンだろう。

フィリピンとの比較ではあっという間に候補から外れた両者だが、
そのうち住むことはあるはず。

他の国の多くは1年だけ住もうと思っても
ビザを取得するのが大変なので。

すでにビザがあるというのは大きな強みになる。



クアラルンプールもバンコクと同様に
かなり賃貸利回りが下がっている。

物件の購入価格に対して家賃が安い。

これは賃貸のコンドミニアムを借りる上ではプラスの材料。

移住の際にはある程度土地勘もあるので、
部屋を探しやすいというメリットもある。


斬新さはないにしても、
クアラルンプール移住は失敗のない選択肢になるのだろう。



そういえば、私はジョホールバルに移住してきた時が
初の東南アジアだった。

下見なしでやってきたため、ぶっつけ本番で。

その時のルートは羽田からクアラルンプールの空港に早朝着、
丸一日は観光をして夜行列車でジョホールバルへ、
というものだった。

そのため、私にとって初めて見た東南アジアの街は
このクアラルンプールだったりする。

2月の日本からやって来たため、
注意していても熱中症気味になったことを覚えている(笑)。


あの時はジョホールバルへの移住の通過点だったが、
今度はクアラルンプール自体に住むこともあるだろう。

10年以上先になるかもしれないし、
案外近々移住することもあるかもしれない。



なにしろビザがあるのでいつでも住めるため、
他の選択肢がないからとりあえずクアラルンプールへ、
という考え方も可能。

こうなった場合の選択肢は
マレーシアからクアラルンプールとペナン、
フィリピンからセブ島ぐらいに絞られるので。

マニラはすでに今住んでいるので、
できれば住んだことのない街の方がいい。

その方が色々な体験ができる。

となると、いつでも住める街というのは
上記の3つが有力候補となる。



どのタイミングで、
どんな経緯でクアラルンプールに移住するかは分からないが、
マレーシアでの生活は経験しているので
基本的に順調にことを運べそう。

そうした部分での安心感はある。

その分新鮮さは見劣りする部分もあるが・・・。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ