物価の安い国に移住するメリットをこっぱみじんに打ち砕くただ1つの事情




生活コストのかからない物価の安い国に移住する人が
最近では増えていると聞く。

実際、マレーシアやフィリピンに住んでみて、
会社に派遣された駐在員やその家族ではなく、
私と同様に自分の意思で来ている人と出会ってきた。


たしかに新興国は基本的に物価が安い。

年中温暖なので夏用の服しか要らず、
服に使うお金もかからない。

しかもクローゼットの場所も取らない。



そうしたメリットはあるものの、
単純に節約を主眼において移住するのであれば、
必ずチェックしておきたいポイントがある。

そこを外すと生活コストが下がるというメリットは
効果半減になってしまうので。



物価の安い国のメリットを十分に享受するには、
家賃が重要になる。

というのも、それ以外のコストは低いので、
この部分をどれだけ下げられるかによって
毎月の支出額は大きく変わる。

しかも1年単位の固定費になるため、
後から変えることが難しい部分でもある。



一言で新興国と言っても、立地によって地価は様々。

マレーシアの片田舎では3LDKのコンドミニアムを
月に3万円代で借りることもできる。

これがフィリピン・マニラのオフィス街中心部になれば、
1DKで10万円弱になる。



別にフィリピンがマレーシアよりも高いわけではなく、
場所によって違うということ。

いくら物価が安くても
家賃によって大きく相殺されてしまうこともあれば、
さらに安さが加速することもある。


この点はしっかり抑えておきたい。

毎日の食費等は切り詰めたところで
意外に大きな金額にならなかったりするし、
やはり大きな出費になる項目に注意したいところ。




ちなみに、物価の安い国であっても、
付加価値の高いものは日本と大差ない金額で売っている。

たとえばiPhone。

国によって多少の価格差はあるものの、
日本の半額になったりすることはない。

せいぜい1万円程度の違いにすぎないし、
家電は全般的に安くはなりづらい傾向にある。


マレーシアやフィリピンで購入しても、
日本とほとんど変わりのない金額で売っている。

もっとも、家電はコンドミニアムに備え付けのことがほとんどのため、
基本的に自腹で購入する必要はない。



そのため、家電の物価が安くないと言っても、
それが家賃に含まれているという意味では
利益を受けることができる。

引っ越しもスムーズにできるため、
1年間の賃貸契約が切れたら次の部屋に移るということも気楽にできる。



荷物を減らせば近場ならタクシーで移動ということも可能なので、
その点でもかなり楽なのではないかと思う。



物価の安い国の1つ、マレーシアに2年以上住み、
その後下見もなしでフィリピンに来てしまった。

こうした国での生活を通じて、
お金に対する感覚が変わってきたのを感じている。

いざという時は月に10万円もあれば
それなりの生活ができると思うと、
将来への不安も消える。



別に節約目的で移住してきたわけではなかったが、
結果として精神的な安心を得ることができるようになった。

10万円あれば毎日外食をしても
暮らしていくことができるわけなので、
そう考えれば必要な最低限の金額は大幅に下がる。


これから一生物価の安い国で暮らすわけでもないとは言え、
最低限のラインが下がったことによる安心感は大きい。

いくつものパターンをシミュレーションした時に、
簡単に手に入る生活として考慮することができるから。

必ずしも上を目指す必要がないことを、
この2つの国で生活し、様々な商品の物価を見ていて感じた。



デフレが続いたことによって、日本も物価は下がった。

ただ、インフレが始まっているので今後の見通しとしては
物価は上昇傾向になっていく。

そして、物の価格は下がったとはいえ、
人件費は依然として高い国なので、
その点は新興国に分がある。



たとえばタクシーの初乗り料金は、
フィリピンやマレーシアなら100円もしない。

マッサージや美容院等、人が関わる業種においては、
新興国の物価は安い。

フィリピンならマッサージが1時間800円、
美容院も120円程度からなので。


その意味では、どのようなライフスタイルであるかによって、
その国の物価を安いと感じるかどうかは違ってくる。

フィリピンやタイ、マレーシアのように
日本人を含む外国人に人気の国は、
外国人向けレストランの価格はそれなりにする。

飲み物代別で1,000円ぐらいすることは普通。

一食100円や200円で食べられるのはローカルフードだけで、
ちゃんとしたレストランならそこまで安くない。



一方で、マッサージ等の人件費が大きい業者は
日本とは驚くほどの価格差がある。

物流等を考えると、
新興国だから思い切り物価が安いわけではないが、
人件費については先進国とは大きな違いが存在する。

その恩恵を受けながら暮らすような場合なら、
日本で暮らす場合との差は大きくなる。



一部のバックパッカーであれば、
タイに年間30万円程度の出費で暮らせるらしいが、
標準的な日本人にできることではない。

駐在員等を見ていると、
バンコク在住なら家賃は10万円程度かけることもあるし、
和食レストランならランチでも一食500円はする。

長期滞在ということになれば、
年間30万円よりは、こちらの方が一般的だろう。


とは言え、
それでも物価の安い国に住むことはメリットを感じる。

同じ金額を使うにしても、
生活の質を上げることができるので。

その点については、
一度経験すると辞められないという感覚は納得。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ