電子書籍プレゼント

どの国に生まれるのが子供にとって幸せなのか?




生まれた国によって人生は大きく変わるもの。

日本から出てマレーシアやフィリピンに住み、
各国を旅するようになってから、
その思いはますます強くなった。


強烈な貧困の前においては、
情報を得ることすらできない。

ネットにつなぐことも不可能。

そんなレベルの地域もある。

本人の向上心がどうであれ、
圧倒的に高いハードルが課せられている。



それに比べると日本は恵まれている。

そんな風に思っていたら、
イギリスの経済雑誌、エコノミストが
2013年版、子供はどこの国で生まれるのが幸せか?
というランキングを発表していた。

経済や治安、家庭環境、公共施設、気候等をもとに
それぞれの国の幸福度をまとめたらしい。




結果を見てみると、

1位:スイス
2位:オーストラリア
3位:ノルウェー
4位:スウェーデン
5位:デンマーク
6位:シンガポール
7位:ニュージーランド
8位:オランダ
9位:カナダ
10位:香港

となっている。

どうも北欧の福祉国家が多い気が。

生まれた時から保障があるのが幸せなのだろうか?

たしかに決定的に困らないという意味では
無難であることは同意するが。

逆に言えば税負担の重い国でもある。


対照的に、アジアからはシンガポールと香港という
税率の安い国がランクインした。



ちなみに、私の好きなタイは50位。

その上の49位は中国。

正気か!?

なんだかこのランキングの信ぴょう性が一気に揺らぐ。

もっとも、中国が覇権主義を貫いた結果、
将来的に勢力をさらに増したとしたら、
近隣諸国は圧迫されることになる。

その意味では覇権国家の国民の幸福度は上がり、
逆に相対的に地位が下がり、
安全を脅かされる国々の幸福度が下がるのは分かる。




それはそうと、1988年版の資料も出ていた。



当時の1位はアメリカ。

今では16位なので、大きく変動している。

25年で世界情勢が大きく変化するのを見ると、
一国に依存するリスクを感じずにはいられない。


そう考えると、
出生主義の国で子供を生んで
子供だけでも二重国籍にするという方法もある。

あるいは国籍は一つでも、
永住権を取って複数の国に軸足を置いておくことで
特定の国のカントリーリスクを軽くすることも可能。

21世紀が進むにつれて、
こうした個人の施策が重要になってくる予感がしている。



大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:海外移住の電子書籍を無料プレゼント中

3位:お茶会・食事会のお知らせ








本当に伝えたかったこと





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事
電子書籍プレゼント

ページの先頭へ