スイスでの生活費の実際と内訳


※以下はチューリッヒ移住者の方からの投稿

スイスは、よくメディアでも生活費が一番高い都市と有名なだけあって、買い物や外食をするたびに‘高いなぁ’と思いました。

特に外食がとても高く、初めてついた日になるべく安く済ませようと気軽にマクドナルドに入って、セットを頼んだらそれだけで1人1,000円以上かかりました。日本よりも明らかに高いです。

さらに、部屋を借りるとなると月に20万円ほどかかって普通です。

もちろん、チューリッヒでは生活費が高い分、給料もかなり高く、年収が1,000万円以上なんて人もザラにいるので、物価が高くなってしまうのもしょうがないのかもしれませんが、スイスに移住してからも生活費の高さにはなかなか慣れることができませんでした。

スイスは自炊をしようと思っても、肉類はかなり質がいいものの、値段がかなりはるので、私の場合は、会社が近かったこともあり隣の国のドイツまで買いに行ってました。

隣の国のドイツで買い物をして、スイスに帰ってくると免税手続きをして、さらに税金分のお金を返してもらうことができるので、ドイツで買い物をすることでかなり節約できます。

スイス在住者は、現地の人も外国人の移住者も含め、週末や会社が休みの日にドイツに買い物に行くというスタイルが標準になっているように見受けられます。

ランチも徒歩3分のスイス国内のレストランに行くと2,000円近くかかるところが、5分歩けば、ドイツのレストランでは、量は多くて値段も半額近くだったので、ランチだけ食べにドイツに行くということもしょっちゅうありました。

こうなってくると、国境というものの概念が徐々に変化していくもので、日本に住んでいる時に外国に行くのとはぜんぜん違う感覚が身につきました。

ちょっと隣国に行けば生活費が安くなるというのは、物価の高いスイスならではだと思います。

そのため、お財布の中にはいつもユーロとスイスフランを入れていました。

同じヨーロッパの中でも、スイスや北欧は特に生活費が高いため、それ以外の国に旅行に行くと物価の安さに驚きました。

たとえばスペインに行った時には、生活費が半分を大きく切る印象で、チューリッヒで稼いで、バルセロナやマドリッドに遊びに行くのは賢いやり方かもしれません。



スイスでの食事

スイスでの食事は、外食がとても高くついたため、特別な日以外は自炊がほとんどでした。

特にチューリッヒでは夕食が高く、普通のレストランで1人約10,000円かかってしまうこともよくありました。

これは特に高級店とか、ミシュランで星が付いているような店ではなく、あくまでカジュアルに使える店の場合の話です。

さすがにこんな店で食事をしていたら、生活費が高くなりすぎるので、選択の余地がなく自炊中心の生活になった感じです。

しかし、ランチだとそんなに高くなかったのと、カフェめぐりが好きだったこともあり、ランチでは、たまにカフェのようなところにごはんを食べに行きました。

スイスのコーヒーはとても質がよく、おいしかったことを覚えています。

また、値段はなかなか高かったものの、スイスにも日本人が経営するレストランもあり、日本食が恋しくなった時には、そこに訪れたりもしました。

チューリッヒではベジタリアン専用のレストランも人気で、店内にあるもの全て肉を使わずに作るというのが売りのレストランもいくつかありました。

冬になると、チーズフォンデュやラクレットと呼ばれるとろとろに溶けたチーズをゆでたジャガイモの上にのせて食べるようなものをよく食べていました。

スイスならではの食べ物だとは思いますが、チーズ好きの私には天国のようで、しょっちゅうチーズフォンデュとこのラクレットを食べていました。

ただ、においがかなりきついのでチーズが苦手な人にとっては、地獄のようです。

クリスマスマーケットが出るころには、温かいワイン、グリューワインの屋台とともにこのラクレットの屋台もでるので、その一帯だけ強いにおいに包まれます。

また、これはどこの都市に行っても言えることかもしれませんが、基本的に中央駅近くの観光客が多い場所は、レストランの値段が高く、少し離れた場所になると金額にも少しお手頃になるレストランが多いようでした。




メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ