電子書籍プレゼント

在住者が語る、シドニーに移住して失敗したと感じたこと


シドニー
※以下はシドニー移住者の小阪さんからの投稿

オーストラリアは日本人にも住みやすい国で、人も良いし、国自体もとてもいい国だと思うし、行った事がある人はオーストラリアの事が好きという人が多いのですけれども、一番私が失敗したと思ったことは、日焼けです。

オーストラリアはオゾン層が随分小さくなったという話は聞いたのですが、穴が開いていて、日本の数倍の紫外線量があるので、行って五分で真っ黒という事があります。

大げさに聞こえるかもしれませんが、現地に来てからの体感としてそんな印象を受けました。

若いうちはすぐに日焼けも白くなったりするので、あまり気にしないで焼いてしまったりとかするかと思うのですけれど、それこそ皮膚がんだったり、老化だったり、そういった事に繋がってくるので、シドニーに移住する際は一番気を付けてほしいのは日焼けだと思います。

私はあまり日焼けを気にしなくて、後々になって失敗したと思う事がかなりあります。

帽子をかぶったり、長そでを着たり、日焼け止めを塗ったり、オーストラリアではスリップ、スラップ、スロップというのですけれども、しっかり帽子をかぶって、長そでを着て、日焼け止めを塗るという対策をして、後々になって失敗したと思わないようにしてほしいと思います。

日本にいる時に少し海で焼いてしまったとか、そういうレベルの紫外線量ではないので、特に子供のいる方とか、将来子供を考えている方とかは、しっかりと日焼け止め対策を考えた生活をしていかないと、オーストラリアに快適に移住する事は難しいかと思うので、日焼け対策を頑張ってください。

オーストラリアだとシドニーやメルボルンのような街はもちろん、ゴールドコーストやケアンズ、それにグレート・バリア・リーフの島々もあります。

そうした場所で水着になる場合には、なおさら日焼け対策をしっかりしておかないと、あとになって後悔することになりかねません。


シドニー移住生活に必要な語学力のレベルとは?

オーストラリアでの生活に必要な語学力なのですけれども、旅行に行く分にはホテルだったりとかショッピングだったりとか、そういった場面で十分な英語力があれば楽しめます。

生活をしていくとなると、シドニーの不動産屋さんとのやり取りや、電気を繋ぐ、引っ越しの際の手続き、電話を繋ぐとか、そう言った事を全部自分でしていかなければなりません。

そこで大家さんとのトラブルとか、そういった時に言葉が不十分だと、トラブルのもとになるかと思うので、自信を持てるぐらいの語学力が必要になってきます。

例えば大学テスト、TOEICとかではなくてオーストラリアはIELTSというものが必要で、IELTSが6.0とか6.5とかそういうポイント計算なのですけど、それぐらいのレベルがないと大学は入れてもらえません。

IELTSは日本でも受けられるのですけれど、あまり有名ではないので、オーストラリアで語学学校に入ってIELTS対策の勉強をすると取りやすいかと思います。

移住後にシドニーで仕事をしていく、仕事を探すという上でも、TOEIC何点というよりも、IELTS何点と言った方が現地の人にも分かりやすいかと思うので、オーストラリアへの移住を考えている方は、ぜひIELTSの勉強を始めるか、もしくは現地でIELTSの勉強をまずする方法を考えていくといいと思います。


本当のところを明かすと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ