ビザなしで海外移住ができる3つの国




世界にはごくまれに、
ビザなしで海外移住が可能な国がある。

これはあくまで例外で、
通常であれば1年間住むだけでも何かしらのビザが必要。

いくら世界的に見て最強ランクの信用力を持つ
日本のパスポートを持っていても、
この点は変わらない。



それでも、一部の国はビザなしで海外移住が可能。

では、それはどこかというと、1つ目の国はマレーシア。


90日以内に出国して入国しなおせば、
実質的に延長できる。

私もマレーシアの南端にあるジョホールバルに移住した時は、
この方法で住み始めた。

その後、MM2Hというリタイアメントビザを取ったが、
1年以上はこの方法を使っていた。


もっとも、1年を超えたあたりから入国の際に
難色を示されるようになっていく。

そのため、永住や1年を越える長期滞在の場合には
やはりビザなしでは厳しい。



2つ目の国はフィリピン。

正確には入国の際に自動で観光ビザが発給され、
パスポートにスタンプが押される。

これを更新し続ければ1年まで滞在できる。


その後は1度フィリピンを出る必要があるが、
また戻ってこれる。

ただし、この方法も1年から2年程度が限度とされる。


マレーシアの後にフィリピンに移住した際、
私もこの方法を使って入国し、
現地入りしてから永住権にあたるクオータービザを取ることにした。

SRRVというリタイアメントビザも検討したものの、
条件を調べるとクオータービザのほうが良かったので。



マレーシアとフィリピンに関しては、
ビザなしで海外移住をスタートできるものの、
長く住むならビザが必要になる。



3つ目の国は中国。

14日以内の滞在ならビザ不要で、
入出国を繰り返せば無期限で住めるらしい。

これは実際にマカオに隣接している珠海在住の
日本人の友人から聞いた話。


マカオや香港も別の国扱いになるので、
14日が経過する前にどちらかに足を運び、
更新を続けているらしい。

中国は住みたい国ではないので、詳細は不明。




こんな感じで、ごく一部の国にはビザなしで
とりあえずの海外移住が可能。

1年程度のロングステイならそれで済むし、
現地に行ってからビザの申請をする手もある。


他にもこうした制度を持つ国はあるかもしれないが、
あくまで例外であることは変わらない。

外国に住むという選択をする際のハードルとして、
ビザは越えなければいけない厄介な壁なので。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ