ワシントンDCとフィラデルフィアでの生活を現地に来てシミュレーションしてみた




今回の北米移住先探しの旅の中で、アメリカとしては、ニューヨーク、フィラデルフィア、ワシントンDCの3つの町を回ることにした。

ニューヨークについては別途記事を書こうと思うので、ここではワシントンDCとフィラデルフィアでの生活について、現地に入って下見をしていて感じた、メリットやデメリットについてまとめておこうと思う。

まずはワシントンDCから。

所謂スメソニアン博物館の数々の建物が、建ち並んでいるのがワシントンDCの中心部。

他にもFBIとか、CIAの建物も見かけた。

言わずと知れたアメリカの首都だが、中心部に高層ビルはない。

といっても、これは需要がないからということではなくて、建物の高さの規制制限が厳しいから。

中心部のワシントン記念塔を越える高さのものを、作らせないため。

更に言うと、それに近いような建物も、作ってはいけないということで、基本的には12mを越えた建物を作らないように、制限がされている。

これによって、町の景観は整っているものの、その一方で、需要の多い町の中心部に高層ビルを建てられない為、町が周辺部に向かって、不必要に広く広がってしまい、それによって不便な状況が生まれたり、通勤時間がかかったりといった弊害も指摘されている。

これ以外にも、国際通貨基金とか、世界銀行とか、各国の大使館なども置かれていて、さすがはアメリカの首都という感じだが、しばらく郊外の方へ行くと、人影さえまばらで、車ぐらいしか通らず、建物もろくにないぐらいのエリアもある。

例えば東側にあるアナコスティアというエリアは、正にそういった地域で、こちらの地域はワシントンDCの犯罪の30%ほどを占めているという話もあるぐらいなので、データを見てもあるいは実際に歩いていても、危険なエリアであるということがうかがえる。

一見すると生活環境が良さそうに見えるような場所もあるが、実際には安心して暮らせるような場所ではないというのが、残念なところ。

更に言うと、ワシントンDCには地下鉄網も一応整備されているが、これらもとても治安が良さそうには思えず、新興国と呼ばれるバンコクやシンガポールの方が、よほど安心して地下鉄に乗れるという印象があったし、中も綺麗だった。

ワシントンDCでの移住生活をイメージしてみると、物価が高くて治安が悪く、環境がそこそこということで、コストパフォーマンスとしては決してよくはない。

そもそも安全であるということは、最低限の条件であると考えているので、こうした視点で見ると、もはや新興国の一部の国の方が安全で安心。

そして、物価は上がりつつあるとはいえ、ワシントンDCよりはやはり安いので、そちらの方がメリットがあるように感じてしまった。

続いてフィラデルフィアについて。

こちらはスメソニアン博物館ほど大量のみどころがあるわけではないものの、フィラデルフィア美術館やバンズコレクションといった美術館は、一見の価値があったし、ニューヨークのモマや、グッゲンハイム美術館、あるいはメトロポリタン美術館のような、異様な混雑をしているわけではなく、落ち着いて見ることができるという意味では、価値が高いような感じがした。

別にそれを目的として、フィラデルフィアで移住生活をするというわけではないが、たまに行くぐらいであれば、十分にそれだけの魅力が備わっている。

更に言うとフィラデルフィアの方が、ワシントンDCやニューヨークに比べると、道を歩いているとピリピリとした感じとか、緊迫感を感じることは、基本的にはない。

こちらも東部に行くと、危険エリアになるということで、そちらの側に行くことはなかったが、町の中心部であるとか、やや西部であるとか、そちらの方であれば、比較的アメリカの中でも安全なのではないかという印象。

そういった意味で言うと、落ち着いて生活をするのなら、ワシントンDCよりは、フィラデルフィアの方が向いているという風に感じる。

町の規模としては、ニューヨーク等と比べて、当然ながら小さいが、別に世界的大都会に住みたいという願望もないので、この町というのは、アメリカの中では比較的生活の場には向いているのではないかという風に結論付けた。

しかしながら、北米で言えば他にカナダの各都市もあるわけだし、そういったところと比べて、暮らしやすいのかと言うと、決してそんなことはないという印象だった。

更に言うと、ビザのことを考えても、アメリカでグリーンカードのような永住権を取ることは、属人制の税制が適用され、アメリカに住まなくなった後も課税されることになり、非常に不利になる。

しかしながら、ビザを取らずに勝手に住み付くことは当然できないし、その辺りの条件というのは、カナダに比べてマイナスの印象。

更に言うと、同じ程度の生活水準を提供してくれる町としては、ヨーロッパの各国もあるし、東南アジアのごく一部の都市でも、そこまで生活の質は変わらなくなってきている。

こういった世界情勢を考えてみると、是非ともフィラデルフィアで生活したいのかというと、そこまでの情熱を持つこともできず、低評価に終わったアメリカの3都市の視察の中では、最も価値を感じたというレベルにとどまった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ