電子書籍プレゼント

『「いつか海外に住みたい」を
手の届く現実にするための本』を
無料で応募者全員にプレゼント中
(応募後1分以内に電子書籍をお届け)
>>こちらをクリックして応募をどうぞ

オーストラリアで文明が発展しなかった理由



現在はメルボルンに来ているが、この都市は今では世界的に見ても物価が高く、一方で景色はいい雰囲気が漂っている。

実際に町を歩いている人達を見ると、裕福そうだし、文化レベルも高め。

メルボルンは治安も悪くないし、夜に独り歩きを楽しむことも可能。

しかしながら、歴史的に見てみると、オーストラリアは不毛の地で、5大陸のうちで最も文明が発達せず、人口も増えなかった地域とされている。

それが変わったのは、ヨーロッパ人が移民としてやってきてからで、それまでの間は、オーストラリアの人口は数十万人規模だったと言われている。

これだけ広大な土地に、それだけの人しか住んでいなかったのは驚愕だが、これには理由がある。


土地の問題

まず、オーストラリアの土地は基本的に平坦で、一見すると人が住むのに良さそうではあるものの、逆に言うと多様性がない。

当然ながら作物が育つ環境は、それぞれの作物ごとに適正があるが、高地も低地もあまりない平地ばかりだと、そういった植物が生きていく上での多様性が欠けてしまう。

加えて、オーストラリアの大部分の土地は土地の質が悪く、作物を作るには痩せすぎているという問題がある。


家畜や天候に恵まれなかった

元々オーストラリア大陸に家畜化できるような動物がいなかったために、農業や運搬の面で家畜の力を借りることができなかった。

そして、1年ごとに季節が定期的に巡ってくるわけではなくて、不安定に天気が変わっていくために、数年ごとに大きな変化があるという。

今であればある程度気候について予測できたとしても、かつての時代は天気予報や天文学、気象学の知識もないわけで、当然ながらうまく天候に対処することができない。

こういったことがあったので、オーストラリアは、人間が住む上では実に厳しい環境だった。


地理的な孤立

ユーラシア大陸のように、すぐ近くから技術や農作物の種が伝播してくるような状態でもなく、海を挟んで周囲と孤立化してしまっているので、その点も問題だった。

パプアニューギニア等の一部の島であれば、船で行けない距離ではないが、そもそもオーストラリアの人口密度自体が極端に低かったので、単純に海の距離だけが障壁となるわけではなくて、オーストラリア大陸そのものが障害となってしまう部分がある。

大陸に数十万人しかいない人間を発見するのは、それだけでも重労働。

交易や文化交流の発展を望むのは難しかったことだろう。

こういったこともあったので、いつまでも石器時代を抜けることができず、金属を使うこともない時代が続いた。

今で言えば、オーストラリアは鉱物資源が豊富な国として知られているのに対して、アボリジニーの時代には、そういった資源をうまく有効活用することができなかったという。

こういったこともあったので、オーストラリアでの文明の発展は遅れ、ヨーロッパ人がやってくるまでの間は、他の大陸に比べて著しく文明が進んでいない場所として認知されていた。

逆に言えば、ヨーロッパ人の移植が始まってから一気に発展したのは、それまでのユーラシア大陸での積み重ねがあったからと指摘できる。

移植後に持ち込まれた農作物や技術によって著しい発展を遂げ、今ではかつての面影すら残していないほどの成長をオーストラリアは遂げた。

こういった歴史や文化人類学的な見地から見てみると、またオーストラリアの違った一面が発見できて面白い。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。



※登録後もメール講座はいつでも簡単に解除可能
※メール講座で学べることの詳細はこちらをどうぞ




取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事
電子書籍プレゼント

『「いつか海外に住みたい」を
手の届く現実にするための本』を
無料で応募者全員にプレゼント中

>>こちらをクリックしてプレゼントを受け取れます