電子書籍プレゼント

ブダペストからチェコのブルノへの行き方



約1ヶ月滞在したブダペストから、ブルノへの行き方についてまとめておこうと思う。

今回はブラティスラバ経由で、バスに乗って行くことにした。

予約の方法は単純で、ネットで調べた。

ホテルの予約の関係もあったので、今回はバス乗り場に直接行くのではなくて、ネットで予め予約をしてから足を運ぶ流れで。

バス会社はStudent Agency Busというところだが、別に学生向けのところではなくて、誰でも利用できるバス会社。

どういう関係性なのかわからないが、Regio Jetという表記も見られた。

国境をまたいでいるので、提携会社なのかもしれない。

ブダペスト側のバスターミナルは、Nepliget駅のすぐ近くだが、これといってバスターミナルらしい目印があるわけでもなく、まして大型のバスが立ち並んでいるような立派なターミナルがあるわけではないので、そこまでの行き方が少々わかりずらかった。

というのも、ホテルが10時チェックアウトということもあって、10時に出てからNepliget駅に行ったのだが、まだこの段階ではブルノ行きのバスも到着していないし、何しろバスターミナルらしい目印がないので、予め調べておいたGoogleマップの地図のそれらしい場所を通り過ぎても、全く跡形もない。

11時出発ということで、ブダペストで食事を用意しておく方がいいだろうと思い、一旦Nepliget駅に戻ってサンドイッチを2つ購入し、小銭は10フォリントのみになったので、かなり財布の中がすっきりしたと思ったら、黄色いバスが駅のすぐ近くにやってきていた。

実質的には単なる路上なので、バスが来るまでの時間にやってきても、ほとんど見つけることができない。

ブダペストからブルノへの行き方の中で、唯一ハードルがあるとすればこの点ぐらい。

そして、Student Agency Busという会社の場合、荷物を預けると、1個当たり200フォリントがかかる。

それ自体はいいのだが、せっかく財布の中の小銭を一掃し、10フォリントのみになっていたところ、500フォリント札を出したら、300フォリントのお釣りが10フォリントや20フォリントの硬貨ばかりで、やたらじゃらじゃらとして一気に重量が増してしまった。

もうハンガリーを出るわけなので、フォリントを使う機会がなく、かといって、次に来るまでのためにこの300フォリントのやたらとかさばるコインを持っているわけにもいかないので、結局これはどこかで処分するしかなくなってしまった。

そしてそこからバスに乗って、5時間半後にブルノに到着する予定だったが、途中でまずはブラティスラバに1時40分から2時10分まで30分間止まり、休憩となった。

11時発なので、3時間弱走ったところで、30分の休憩ということになる。


バスターミナルでの休憩の際の注意点

バスターミナルがある場所はブラティスラバの中でも中心街から外れているので、周りにはあまり何もなく、サブウェイとか、土曜日は閉まっているカフェやオフィス街とか、それ以外は大きめのバーが1軒あるぐらいだった。

ここで気を付けないといけないのは、ブラティスラバはスロバキアの首都で、使っている通貨はユーロ。

しかもバスターミナルのトイレは有料なので、0.2ユーロ、つまり20セントだが、ユーロを持っていないと使えないということ。

この点はかなりの落とし穴。

何しろハンガリーは通過がフォリントで、行き先のチェコはコルナなので、わざわざユーロを用意していない人も多いはず。

かといってこの20セントをクレジットカードで支払うわけにもいかないし、かといってそのためだけにわざわざATMからお金をおろすのも、おそろしく非効率。

その旅の中でユーロを使う機会があるのであればともかく、そうでない場合は、かなり困ることになる。

その後も、ブルノに到着する30分ほど前に、一度ガスステーションで30分の休憩になったが、ここでは大雨に降られた。

朝は快晴だったのが、チェコに入ったころから急に曇りだし、どんどん空が暗くなっていったと思ったらどしゃ降りに。

ガソリンスタンドには併設したコンビニがあったが、そこには半分ほどの人が一応買い物に立ったものの、どしゃ降りの中を背中を丸めて慌てて走って戻る羽目になった。

もうあと30分ぐらいで到着するのだし、いっそのことブルノに行ってから休憩してほしいと思っていたが、休んでいる間に雨がだんだん弱くなってくることにふと気づいた。

遠くを見ると晴れ間が見えているどころか、むしろ雲が全くない状態で、一時的などしゃ降りにすぎなかった。

結局休憩中に降り止み、まるでスコールのようだと思っている間に、ブルノに到着した。

無事にスーツケースを受け取り、約5時間半の旅は終了。

予定よりも10分早く到着することができた。

今回使ったStudent Agency Busというバス会社のシートはとてもきれいだったし、なかなか悪くないバスの旅だった。

ちなみにこのバスは、ブダペストからプラハ行きのものなので、これと全く同じ行き方で、途中のブラティスラバで降りることもできれば、あるいはプラハまで進むこともできる。

料金に若干の違いがあるにしても、予約の仕方自体は全く変わらない。

ちなみに、今回のブダペストからブルノまでの料金は16ユーロだった。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事