電子書籍プレゼント

世界一周にバックパックを持っていったのは間違いだった



最初に世界一周を始めたときには、バックパックと手提げの鞄を1つ持っていた。

自宅を引き払って荷物を最小限にまとめて旅に出たため、相当に整理したとはいえ、それなりの量になる。

旅先でも遊び呆けているわけではなく、あくまでも仕事を続け、継続的に非定住生活をするというコンセプトで世界一周を始めたので、普段から持ち歩ける鞄をバックパックやスーツケース以外に1つ持っておく必要があった。

そこにはパソコンや、本を読むためのiPadが入っている。

ということで、当初はバックパックを背負って手提げの鞄を持ち、場合によっては買い物をした後ビニール袋等を持って移動していた。

空港によくある手押しのカートだが、あれにバックパックを乗せようとすると、ひもの部分が地面に引きずられて汚れてしまう。

さらに言うと、空港以外では当然ながらバックパックを背負っての移動になるので、体力を消耗していく。

スロバキアの首都であるブラティスラバを去ろうという日に、バックパックのジッパーの部分が壊れてしまったので、買い換えようと思ったが、鉄道の時間が迫っていたため、ひとまずはそのまま放置して、予定通りチェコのプラハに入った。

そしてプラハの旧市街中心部にあった鞄専門店でスーツケースを購入し、バックパックはホテルで捨てた。

それ以降というもの、明らかに移動が楽になった。


バックパックは向いていなかった

スーツケースの場合は車輪が付いているので、当然ながらカート等は不要。

スーツケースの上に手提げの鞄を乗せることによって、荷物を丸々車輪の力で運ぶこともできる。

一部のバックパックには、車輪が付いていてスーツケースのように使用できるものもあるが、一般的なものであれば、あくまでも背負っていなければいけないし、手提げの鞄についても、バックパックがあるから持ち運ぶことが楽になるということはない。

世界一周をする上で、数多くの移動は避けられないし、そのたびに体力を使い果たしたり、ホテルに到着してからぐったりして横になっている時間が長いのはいただけない。

そういった意味でも、バックパックからスーツケースに変更したのは、とても有意義なことだった。


セキュリティ面でもスーツケースに軍配

バックパックからスーツケースに買い替えた利点は、もう一つある。

バックパックの種類にもよるが、私の場合は、メインのジッパーが一つしか付いていなかった。

そのため、鍵をかけることができず、ホテルに金庫が付いていない場合は、貴重品を全て持ち歩くか、かなりのリスクを背負いながら部屋に放置するしかなかった。

当然ながら、部屋に放置するといってもバックパックの中に入れて、目につかないようにはしておくが、ルームクリーニングのホテルのスタッフが入ってくるわけだし、彼らが貴重品を持ち出さないとは限らない。

しかしながら、スーツケースに替えてからは鍵をかけられるようになったので、その心配は0になったとまでは言わないものの、激減した。

ちなみにスーツケースにも元々ロックの機能が付いていたが、当初はその使い方がわからず、プラハで小さな南京錠を購入した。

世界一周の旅が佳境に入った段階においても、再びスーツケースからバックパックに戻そうという気持ちは全く起きない。

ポルトガルのように、ごく一部の国に関しては石畳の一つ一つの目が粗すぎて、車輪が取られてしまうということもあるし、階段においてはスーツケースを持ち上げなければいけないので、かえって疲れるのではないかとも思ったが、手提げ鞄と両手に持つと天秤のように重さが分散されて、意外に大変でもなかった。

別に私はバックパッカーになりたいわけでもないので、今のスタイルが気に入っている。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事