チェコのプラハは犬に優しい街、ただし問題も


チェコの首都、プラハのメトロに乗っていたら、駅で2匹の犬を見かけた。

それぞれ別の飼い主が連れていて、どうやら盲導犬というわけでもないらしい。

飼い主を見る限り、杖をついているわけでもないし、普通に目が見えているように思う。

その後も数日間プラハにいて、FLORENC駅や電車の中で犬を見かけることは何度かあった。

そのうちの一回は明らかに飼い主が目が見えていたので、盲導犬というわけではなくて、普通の飼い犬であるということが明らかになった。

日本だと電車に盲導犬を連れて乗ることはできるらしいものの、普通の飼い犬を連れていくということは一般的ではない。

しかしそこら辺がこのチェコという国においては、文化が違うということがわかる。


さらに言うと、チェコの公園であるとか、その周辺を歩いていると、中型犬や大型犬であっても、リードなしで放し飼いのような形で走っていることが多い。

飼い主がフリスビーを使ったり、ボールを使って犬と遊んでいたりとか、そういったこともあるので、犬好きであるとか、犬の飼い主にとっては非常に優しい町なのではないかと思う。

その一方で、人間よりも体の大きな犬が、野放しになっているという状態があるのも事実なので、通りがかるとかなり怖いというのも実際のところ。

もちろん、むやみに人を襲ったりしないということはわかっているものの、万が一ということがあった場合、明らかに飼い主よりも犬の方が力があったりする場合も見受けられるので、そういった場合は収集がつかないことになってしまう。

例えば、その気がなくても、たまたま犬のしっぽを踏んでしまったとか、そういった事故が起こらないとも限らないし、その意味でいうと、プラハの町というのは、若干怖いところもある。

実際、近隣のルーマニアだと野犬が治安上の大きな懸念になっており、野犬に襲われる事件が後を絶たないが、チェコは大丈夫なのだろうか?


こういった文化の違いというのは、国によって様々。

例えば、オーストラリアにおいては、犬に服を着せていたら、通りすがりの人に怒られたとか、そういった話を聞いてこともある。

どちらにしても言えることは、チェコのこの文化が好ましいかどうかにはかかわらず、もし仮に日本人がここで暮らすとしたら、その文化に従う以外にはないということ。

この町の緑が多いところは気に入っているものの、チェコの大型犬の多さであるとか、それが首輪もなしに放されているところというのは、かなり肩身の狭さというか、伸び伸びと歩けないというところも感じているのは実際のところ。

とはいえ、それを補ってあまりあるだけの環境の良さもあるので、そこら辺は一長一短あるところ。


それよりも残念なのは、公園等の非常に空気がきれいなところであっても、歩きタバコをしている人も多いので、それによって深呼吸をしていたら、突然空気が悪くなるとか、そういったことがあるのは非常に残念。

チェコというのは受動喫煙に対しては、敏感な国ではない。

実際プラハでレストランに入っても、店の中がモクモクと煙が立ち込めているようなことも多く、入ってすぐにそのまま出ていくということも何回かあった。

ここら辺はむしろ新興国と呼ばれるような東南アジアの国の方が、意外にもしっかりしていたりするのが、意外なミスマッチ。

このタバコの問題というのは、チェコに滞在する上で非常にマイナスの要素となっている。

プラハの町は美しいものの、食事をする場所の空気が悪いというのは非常に耐えがたく、英語表記がしてあって、なおかつ店内禁煙という店はかなり限られているというのは、実際にやってきてみて感じたところ。

チェコの物価は安く、バーでビールを飲んでも100円程度だが、あまり居心地が良くないのは困ったところ。




本音を言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ