ワシントンDCの東部アナコスティアは治安が悪いらしい


フィラデルフィアからバスに乗って、ワシントンDCのユニオン駅へやってきた。

そこから今度は地下鉄に乗って、ブルーラインの終点駅であるラルゴタウンセンターに移動した。

ここにホテルを予約していたからで、この地域というのは、アナコスティア川を更に渡って、東に下ったところにある。

最初は間違ってオレンジラインに乗っていて、ディーンウッド駅に来てしまったが、そこでもう一度引き返してスタジアムアルモリー駅まで戻り、そこから再びブルーラインに乗って移動をした。

地下鉄の名の通り、途中までは駅がちゃんと地下にあって、尚且つ若干外よりも暖かいのでよかったが、このディーンウッド駅であるとか、ラルゴタウンセンター駅に関しては、外にあって吹きさらしの状態なので非常に寒い。

特に昨日は、かなり冷え込んでいたので、待っている時間もきつかった。

そして、ラルゴタウンセンター駅の周りというのは、ほとんど何もなく、ごく一部郊外型のショッピングモールはあるものの、それ以外は、ろくに灯りも点いていない状態。

ホテルに行くまでの道というのも、人は全く歩いておらず、街灯もまばらで、かなり不安になった。

そして、今日になって知ったことだが、このワシントンDCの東側にある、アナコスティア地域というのは、かなり治安が悪いらしい。

ワシントンDCの凶悪犯罪の1/3がこのエリアで行われているという話もあり、あまり好ましくない地域に宿を取ってしまったのではないかという思いもある。

もっとも私が宿泊しているラルゴタウンセンター駅というのは、逆に人がいないので、それはそれで安心なのかもしれない。

どちらにしても、見て回るようなところがある場所ではないし、店舗すらもほとんど見当たらないぐらいなので、この辺りというのは、メトロとの往復に使うぐらいで終わると思う。

そういった意味で言うと、そこまで警戒する必要はないのかと思うが、そう言えばこのワシントンDCのメトロに乗っている人で、タブレット端末を使っている人は全く見なかった。

私もiPadを使って漫画を読みたかったが、どうも不穏な空気がしているので、そういったことはやめてじっとしていることにした。

ここら辺というのも、治安対策ということで現地の人は、高価なものを人前に出さないようにしているのかもしれない。

そう考えてみると、納得できるところがあるし、地下鉄の中というのも安全そのものという感じが全くしなかった。

更に言うと、久しぶりに電車に酔ってしまって、バスは全く平気だったのに、地下鉄で気持ち悪くなるという不思議な現象が起きた。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ