海外での引っ越しと方角の話


海外へ引っ越す際には、日本とは方角についての考え方が違ってくることになる。

私の場合は、マレーシアやフィリピンのコンドミニアムで暮らしてきたが、こういった熱帯の赤道に近い地域においては、日本のように南や東の方角が重宝されるということがあまりない。

というのも、基本的にどの方角になっていても、赤道近くといのは基本、そこかしらの時間帯に日が差すということになるから。

更に言うと、1年を通して基本的に暑いので、それほど日当たりがいいということがメリットにもならない。

もちろん、南向きや東向きが、嫌われるという意味ではなくて、そういった向きだからといって、特別有利な条件の物件ということにならないという話。

したがって、北向きや西向きの物件であっても、それほど嫌がられることはなく、賃貸付けというのはすんなりと行うことができる傾向にある。

実際私も、3つのコンドミニアムに住んでみて、部屋の向きは様々だったが、特にどの向きであっても、困ることはない。

更に言うと、フィリピンの中でも、マカティのエリアというのは、外から見える位置に洗濯物を干すことは条例で禁止されている。

ということで、洗濯物が乾きやすいので、南向きがいいとか、そういった方角による違いも、なくなってくる。

基本的には、部屋干しか、乾燥機を使うことになるので、どっちの向きであっても、洗濯物の乾き方というのは同じこと。

それよりはむしろ、どれだけ窓が開くかとか、換気がしやすいかとか、そういった事の方が重要になる。

これが例えば、アメリカやヨーロッパ、オーストラリアといった地域であれば、また引っ越しの際の方角の考え方というのは、変わってくるのだろうし、中華系の住人が多い地域であれば、風水的な問題というのも絡んでくる。

このように海外に引っ越しする際には、日本とはまた方角について受け止め方が違ってくるし、そういったことを知っておくと、必要以上に余計な条件にこだわって、なかなか住む部屋が見つからないとか、そういったことを経験しなくて済むようになる。

特に海外で部屋探しをする場合というのは、かなり物件が限られる場合も少なくない。

日本人が住む部屋というのは、その国の中でも比較的安全な地域にある、それ相応のコンドミニアムというのが相場になるので、その条件を満たす部屋ということになると、必然的に数が限られてしまうので、その点はある程度諦めることにした方が、事がスムーズに進む。

特に新興国の場合であれば、変な場所に引っ越してしまうと、それによって家賃を安く抑えることができても、犯罪に巻き込まれたりして、結果的に高くつくという結果にもなりかねない。

安全をお金で買うという意識も必要なので、その点については、自分が特にお金を持っていない場合であっても、先進国の人間として見られるということは、意識しておく必要がある。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ