クオータービザの手続きのためにフォートボニファシオに行ってきた


私が住んでいるマカティという町から、空いていれば車で15分ほどで行ける位置にグローバルシティという町がある。

いわゆる隣町に該当するもので、その中でも最近はフォートボニファシオというエリアが積極的に開発されている。

おそらくピークは10年後ぐらいにくるのではないかと思うが、今現在はまだまだ開発途上。

非常に都市計画がきれいに進んでいて、道が整然と並んでいる。

既におしゃれな店も並んでいるし、きれいな高層ビルというのも立ち並んでいて、今後に期待がかかる。

今日はここへ行ってきたのだが、その目的というのは、クオータービザの手続きの為に、パスポートを提出しに行くということ。

これはわざわざ自分で出向かなくても、郵送でもいいということを先方からは言われたものの、残念ながらフィリピンの郵便事情というのは非常に怪しく、実際先日も書類をマカティからフォートボニファシオのエージェントのオフィスに送る際に、エクスプレスという速達で出しているのにも関わらず、約10日もかかったという問題が起きた。

しかも、先方から聞いたところによると、その際に届いた封筒というのは、妙にヨレヨレになっていて、明らかに色々なところをたらい回しにされて、迷子にされていたのではないかということだった。

パスポートに関してはこういうことをされると困るし、ましては、紛失をされるようなことがあっては、大問題になる。

ということで、仕方がないので、午後2時頃になってから、タクシーを拾って、マカティからフォートボニファシオまで自分の足で行くことにした。

私が住んでいる町ではないということもあって、何度か行ったことがあるぐらいだし、ああいったきれいな町というのはたまに散歩してみると、非常に面白い。

そういったこともあったので、行ってみたのだが、先方のオフィスというのがリニューアルされていて、まるでアジアンテイストの家具やのような感じになっていた。

非常に広かったし、デザインも凝っていて、あそこであれば創造的な仕事ができるのではないかと思う。

フィリピンのオフィスというと、日本と同じで殺風景なものも多いが、ああいったセンスのいいところで働くというのは、そこで仕事をする人にとってもモチベーションが上がる要素なのではないかと思う。

そして、先程は車で15分ほどで行くことができる場所ということで表現したものの、実際にはマカティの中で、重体につかまり、結局は1時間近くかかってしまった。

特にマカティを出るまでが長く、グローバルシティーについてからは、すいすいと進んでいたので、ある意味で言うと、マカティの中では自分の足で歩いた方が遥かに早かった。

今日はたまたま行きも帰りもタクシーで車酔いをすることもなく、更に言うと、タクシーの運転手も、ちゃんとメーターを使う人だったのでかなり良心的でストレスを感じることもなかった。

2回使って2回とも良い運転手さんにあたるということは、フィリピンにおいてはかなり珍しいので、今日はかなりラッキーだったのではないかと思う。

エージェントとの用事が済んだら、30分ほどブラブラと散歩をして、フォートボニファシオの写真を撮ったり、景色を見たりして、また夕方のラッシュになる前に早めの食事をVASK Modern Tapas & Gastronomic Cuisineで食べてからマカティの自宅コンドミニアムに戻ってきたが、こちらもやはり、20分から25分ほどはかかったので、行きほどではないが、相変わらずマニラ市内の渋滞のひどさというのには参ってしまった。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ