海外駐在は本当に幸せなのか


私自身が日本を離れて暮らすようになってから、海外駐在員を見かけるようになった。

彼らは、東南アジア各国で勤務をしているので、だいたい日本人が知っているような国であれば、どこの国にもいる。

海外で働きたいと思っている人はよくいるし、特に3.11の事故があった後には、そういったニーズというのも高まっている。

更に言うと、海外駐在というのは、比較的手当も厚く、給料も日本のまま据え置きされるので、日本国内で仕事をするよりも収入は増えるし、働く国によっては、支出を抑えることができる。

そういった意味では、サラリーマンの中で、海外駐在員として働きたいという人が一定層いるというのも、納得はできるし、先日もバンコクに滞在中、ズーマというレストランで駐在員らしきワイシャツ姿の人たちを見かけたが楽しげだった。


しかしながら、海外駐在になったところで、サラリーマンとしてのリスクが根本的に拭い去れるわけではない。

会社が倒産するリスクや、自分がいつリストラされるかわからないこと、更に言うと、今後の給料がこれまで通りにちゃんと上がっていくかどうか、会社の中での仕事がガラパゴス化して、他の会社に行ったら通用しないのではないか、といったリスクは依然としてつきまとう。

そういった意味で言うと、海外駐在になったからと言って、国内勤務のサラリーマンと、根本的に何かが変わるということではないし、その経験が今後の人生において、確固たる稼ぐ力をもたらしてくれるということでもない。

そう考えると、海外駐在というかなり不安定な立場に、身を置くことを夢見るのは無意味なのではないかと思う。

残念ながら海外駐在というのは、会社が派遣の時期であったり、あるいは誰を派遣するのか、そして、どの国に移すのか、といったことを全て決めることになる。

ある程度本人の希望を、考慮に入れてくれるとはいえ、残念ながら自分で人生をコントロールするという観点から見ると、ひどく不安定ということになる。

何しろ、自分が望まない国で、働くことになる場合もあるし、人生設計もまともに立てられないということになってしまうので、そういった意味で言うと、ある程度手当が充実しているとはいえ、決して自己決定権という観点から見ると、望ましいことではないのではないかと思う。

それなりに好待遇になるというのは一般的なので、現地での外国人向けのコンドミニアム、つまり高級物件に住むことはできるし、国内で、同じ会社に勤める人よりも、手当の分だけ収入も増えることになる。

そういった優越感を、得られるということがある反面で、国境を越えて、会社に振り回されるという意味では、望ましいことではない。

ある意味海外駐在も地方の転勤も、程度が違うだけで同じなわけだし、そういった意味で言うと、それほど強く望む価値のあるものではないのかもしれない。

やはり安定した人生を送るということを考えれば、独立しても稼げるだけの力を身に付けておくということは、必須であるように感じる。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ