電子書籍プレゼント

HSBCフィリピンに日本円の口座を追加した



世界のHSBCの中でも、フィリピンに関してはかなり特殊な事情がある。

外資規制のせいでほとんど国内銀行のような扱いになってしまっていて、サービスの質どころか基本的な銀行業務も、フィリピンの中でかなりダメな部類に入ってしまっているのが実際のところ。

これについては私も以前に散々悩まされたし、おかげで永住権の取得にも影響が及んで、遅延することになってしまった。

そんな悪い意味での因縁もあり、HSBCフィリピンを積極的に使いたいという思いはないのだが、先日ペイフォレックスという海外送金サービスの規約が変更され、香港に対して日本円をそのまま送金することができなくなってしまったので、仕方がなくフィリピンを一度経由して日本円をそのまま香港に送金し、そこで外貨に換えることを考えた。

まずはHSBCフィリピンに、日本円の口座を準備しなければいけない。

香港とは違って、デフォルトでマルチカレンシーにはなっていないので、選択した通貨以外は入金できない。

つまり、今のまま日本円をHSBCフィリピンに送金してしまうと、勝手にペソに両替されてしまうので、これでは全く意味がない。

ペイフォレックスで両替をするよりも、HSBC香港で円からUSドル等に換えた方がレートが良いという部分が肝なので、それ以前に他の通貨に換えてしまっては本末転倒。

ということで、手続きの方法を探るべく、まずは担当者であるマネジャーにメールを送ってみたが、1週間以上経っても全く返答がない。

今度は、ネットバンキングにログインして、メッセージをその中から送信してみたが、数日したら日本円の口座を追加したという連絡がきていた。

ネットバンキングで確認してみると、確かに日本円の口座が追加済み。

こちらは口座番号が、以前のペソ口座やUSドル口座、香港ドル口座とは違うので、ここに送金することになる。

こうして一度も支店に足を運ぶことなく、日本円口座の追加は終了した。

現在はセブに住んでいるが、私がHSBCフィリピンの口座を開設したのは、マニラの支店だったため、もしもそこまで出向かなければいけないということになると、かなり大変だった。

散々ミスを連発しながら、反省の色を微塵も示さないあの担当者や支店スタッフと、また直接関わらなければいけないとなると、もううんざりだったので、他の方法を考えようかと思っていた。

しかしながら幸いなことに、ネット上で全てが完結したので、その点はまだマシだった。

ちなみに、私の自宅近くにHSBCの支店があり、ちょうどアヤラセンターの目の前なのだが、一度立ち寄ろうかと思っていた。

担当者の言うことがかなり当てにならないのは、マニラの支店で証明済みだった。

それでも食事の帰りに立ち寄るだけだったし、ひとまず参考意見程度に聞いてみようかと思っていたが、帰りにスコールが降ったり、買物があったりでなかなか足が向かず、夕食前に一応行ってみたことはあるが、警備員が言うには、9時から4時までが営業時間ということで、1時間ほど前にすでに閉まっていた。

そんなこともあって、結局この支店に行くことなく、正式に問題は解決した。


本当のところを明かすと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ